借金をしてまで、虚栄心を満たそうとしていました。

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
1350万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
18万円

虚栄心を満たすために借金をしました。

私は昔からプライドが高く、見栄っ張りな性格でした。家賃の高いマンションに住んだり、高級品を身に着けたりすることがステータスだと考えていたのです。1流企業に勤めて高い給料を貰っているのであれば、そういった生活を送っていても問題はなかったと思います。しかし私は違いました。給料が決して高いとはいえない会社に努めていたからです。そのため、私の理想の生活を送るには程遠い収入に嫌気がさしていました。そして私は虚栄心を満たすために、消費者金融に手を出しました。これが地獄の借金生活の始まりです。

アコムから500万円、プロミス、アイフルから300万円、モビットから250万の借金。

初めは軽い気持ちでお金を借りました。欲しいものを手に入れたあとはしばらくは満足するからです。そして借りたお金はきちんと返していたのです。しかし、自分の給料ではなかなか手に入れられない高価な物を買ってしまうと、もっと高価なものが欲しいと思うようになっていきました。そして、だんだんと借金の返済が滞り、気がつけば多額の負債を背負っていました。それでも虚栄心が満たされることはなく、しばらくは高価な買い物を続けていたのです。しかし、催促の電話が家だけではなく職場にまで入るようになって初めて、自分が取り返しのつかない所まで来ていると気がつきました。

自己破産をしたことで、心を入れ替えることが出来ました。

気がついたときには借金は1000万円を超えていました。取り返しのつかない所まで来ていると、薄々気がついてはいたのです。しかし、高価な買い物をすることで、プライドを満たすことが止められませんでした。家財道具をすべて売り払っても、多額の借金の返済には追いつきません。借金まみれの人生を送るくらいなら、いっそ死んだ方がマシだと考えたこともありました。でも、心を入れ替えて生きていく道を選んだのです。自己破産をすることは逃げだと思っていましたが、生きていくための1つの選択肢だと考えるようにしました。

弱い自分と向き合うことが出来ました。

私が借金をしてしまったのは、収入に見合った生活を送らなかったせいです。プライドが高く、見栄っ張りな性格が災いしたのです。自分と向き合うことが出来ていれば、借金がここまで膨らむことはなかったと思います。自分の甘えで借金をしてしまったのに、自己破産をすることは責任逃れだと思うこともありました。ですが、もう2度と同じ過ちを繰り返さないことが大切だと考えるようにしたのです。債務整理は、私に生きるチャンスを与えてくれました。このチャンスを無駄にしないことが、過去への贖罪だと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

モビットの債務整理体験談

秘密に借金を処理したいなら過払い金請求

借入額150万円

ギャンブルがきっかけで借金をするようになりました。

借入額200万円

自分が経営してい雑貨屋の売上が落ちて資金が足らなくて借金をしました

借入額280万円

事業資金は個人名義で借りてはならない

借入額260万円

会社を退職して収入がゼロになり借金をしました

借入額180万円

やってみたら簡単でした

借入額150万円