頼まれると断れない性格が災いする

2019.03.25 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
11万円

残業を頼まれると断れず続けすぎて倒れて退職。再就職に困り借金。

大学を出て最初に就職した会社では、要領が良い人が出世する傾向がありました。残業を頼まれると断れない性格をしていたので、仕方なく続けていましたが、毎日4時間の残業を続けていると突然倒れてしまいました。過労性貧血が原因でしたが、産業医からはただの貧血で通せば休業補償が出ると言われました。暫く休業していましたが、復帰した時には事業部が配置換えとなっており、翻訳を行なう部署に配置されました。しかし、外国語がほとんど出来なかったので事実上の追い出し部屋だったのです。毎日が分からないことだけらで地獄の日々でした。

ジャックス、アプラス、ニコス、オリコから各80万円の借金。月々11万円の返済。

体育会系のノリが強い会社だとは勘付いていましたが、露骨に追い出し部屋に追い込むとは思っていなかったので、退職してハローワークに通いました。しかし、転職先として正社員採用は難しく、失業期間が1年にも及び何とかクレジットカードを利用して生活資金としていましたが、契約社員として働き始めた頃には、カード会社から利用停止通知が届きました。目の前が真っ暗になったような気がしたのです。どうして良いか分かりませんでしたが、次の給料日まで凌げないことを知り焦って債務整理をしなければならないことを実感しました。

個人再生により借金額を減額返済して、無事に完済すれば良いことになりました。

翌月から借金を滞納してしまうと焦った結果として、弁護士事務所に駆け込むことになりました。弁護士に相談すると、まずは落ち着くように言われてから対応方法を検討することになったのです。契約社員として就いている職種がコールセンターで保険を扱う仕事でした。すぐに転職する予定があるか聞かれたので、無いと告げると小規模個人再生を勧められました。自己破産ならば免責されるものの、職業制限に該当するので今の仕事を続けたいならば職業制限がない小規模個人再生が良いという話でした。すぐに依頼して手続きをしてもらった結果として、毎月の返済額を3万円にまで減らせて良かったです。

小規模個人再生を選ぶことで再度の転職を必要とせずに、一歩踏み出せました。

債務整理を行なう際には、弁護士に全てを話してから対応方法を検討してもらうことが大切です。なぜなら、職業制限を受ける方法と小規模個人再生のように職業制限とは無縁の方法があるからです。小規模個人再生を選んだことで、苦労して再就職した仕事を変えずに安定した生活を送ることが出来るようになりました。安定した収入があってこそ、圧縮された債務の返済を3年間続けて行けると考えられるからです。3年間毎月3万円の返済を続けることで、生活費の中から一定額を控除する習慣が付きます。借金出来ない期間が長く続くので、ある程度の貯蓄を習慣づけることが大切だと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理をする前に!おすすめの無料相談先や失敗しない選び方を解説

目次弁護士と司法書士だけじゃない!債務整理の相談先を紹介弁…

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円

貸金業法の改正でとんでもないことになりました

借入額340万円

失業後に仕事が無い状況は精神的にも辛かった

借入額320万円

見よう見まねでできた特定調停

借入額150万円

周りが見えなくなっていた怖い経験

借入額320万円

不安だったので専門家に依頼しました。

借入額90万円