抜け出せない借金地獄!返済までの復活劇とは!?

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
600万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
10万円

海外通貨取引で大損。強制ロスカットで借金地獄に。

友人から、海外通貨取引について教えてもらいました。一番簡単な、バイナリーオプションという取引をしていましたが、ビギナーズラックといいますか、最初の取引の時点で10万円の利益を出してしまいました。そこから、海外通貨取引にはまってしまい、投資をするようになっていたのです。最初は、自分の資金源だけで行っていましたが、莫大な利益を出すためには借金で元手を増やし、一気に投資した方が効率的だと聞いたので、借金をした訳です。しかし、人生はそううまくいきませんし、借金をしてからはというと負け始めていきました。

みずほ銀行から600万円の借金。月々10万円の返済。

みずほ銀行で海外通貨取引を行っており、レバレッジ取引を行っていたこともあって、200万円の資金を信用として600万円で運用していました。しかし、アメリカで世界を揺るがすリーマンショックが起きてしまい、口座にあった600万円が残金2万円になっていたのです。現実を受け止めることができずに、仕事も無断欠勤するほどでした。残ったのは、600万円の借金だけでしたので、返済だけのことをとりあえず考えていました。仕事をしていたこともあって、幸い返済が遅れることはありませんでしたが、常に借金のことを考えなければならないのは本当に嫌でした。

個人再生で600万円を全額返済!

FXによる借金返済に関しては、弁護士に相談したからといって自分が投資に失敗した結果ですので、相談する相手でもありませんでした。最初は、自己破産をしようと思いましたが、法人ではありませんでしたし、個人で行っていたので、個人再生をすることにしました。その方法は、株式投資です。海外通貨取引で失敗しましたが、株式投資でどうにか600万円返済しようと思い、投資を始めることにしたのです。最初は抵抗もありましたが、月々30万円給料をもらっていたので、しばらくは10万円は返済に回し、生活費を差し引いたお金をすべて株式投資に当てていました。

個人再生が大成功し、わずか5年で600万円を返済しました。

個人再生を行ってからはというと、特に生活が変わることはありませんでした。仕事にいって、仕事が終われば株式投資を行うというルーティンで生活をしていました。メリットを言うなら、自分が想定していた期間よりも早く返済できたということですかね。株式投資で得た額は総額で420万円ほどで、それをすべて返済に充てていました。これほど稼げるのであれば、最初から株式投資を行えばよかったと後悔しましたが、後の祭りでしたので思うことでもありませんでした。しかし、個人再生の手続きは意外と面倒でしたので、借金はもう二度としないという教訓を学べたのも一つの進歩だと思いますね。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

みずほ銀行の債務整理体験談

小規模個人再生手続きは債務額が大きいほど効果があります

借入額670万円

事業に失敗し莫大な借金を抱えました。

借入額300万円

手形の知識は商売するなら必須です

借入額800万円

相続放棄の期間が過ぎて債務整理に追い込まれました

借入額4600万円

離婚した後で高額な養育費の支払いを埋めるために借金。

借入額430万円

ガンの告知は相続問題が発生する時には重要です

借入額3000万円