飲食店経営で大失敗!個人再生で人生をやり直す

2017.11.29 更新

自営業

借入先業者名
借入額
1000万円
借入期間
5年3ヶ月
毎月の返済額
10万円

飲食店の開業資金と経営の資金繰りで借金をするハメになりました。

初めて借金をしたのは、居酒屋の開業資金のためです。脱サラ前から資金を蓄えてはいたのですが、都内で好立地の物件を確保するとなると、かなりの支出になってしまいます。その時はやむを得ずいくつかの消費者金融を回ってなんとか必要な資金を集めることに成功しました。その後、経営は順調に進んだのですが、ある時期を境に客足が遠のくようになり、一気に経営難に陥りました。私としてはそこで諦めたくはなかったので、消費者金融や事業者向けの融資などに頼りつつ、なんとか資金繰りをしていました。しかし、売り上げは回復せず、借金だけが膨れ上がっていく結果になりました。

三井住友から800万、その他消費者金融から200万ほど。月の返済は10万ほどです。

借金することで一時的にですが売り上げが回復したりと良いこともありましたが、精神的にとても重荷になっていました。今思えば、資金繰りに躍起になって、経営を改善しようという試みが足りなかったのかもしれません。ただ、経営自体は数年続いたので、その信用からか公的な機関の融資を受けられたことは良かったです。比較的低目の金利で長期間借りることが出来ました。それから、店舗や商売道具を差し押さえられると非常に困るので、滞納は避けるようにしました。どうしても返済が出来ない場合は、消費者金融から追加で借金をして返済に充てることもありました。

借金の大幅減少により、新しい道に進むことが出来ました。

客足が絶えて借金を返すあてがなくなった時点で、経営の続行は諦めました。そこで、とにかく借金をゼロにしようと考えました。店舗を売却して返済に充てることも考えましたが、自宅と兼用の為、家族に迷惑をかけてしまいます。そこで、自宅を残したまま借金を減らせないかと考え、弁護士の方と相談した結果、個人再生を勧められました。幸い、廃業後すぐに就職先が見つかったので条件の上でも問題ありません。実際、裁判所の認可も無事に下り、1000万円にものぼった借金が5分の1にまで減少しました。

大きな借金、家族の心配、今後の見通しといった困難な状況を打開する良いきっかけになりました。

個人再生のメリットは、何と言っても借金が大幅に減額されることでしょう。私の場合、途方もない額に思えて絶望したものですが、減額後は少しずつ返して行こうと前向きに考えられるようになりました。また、経営難の末借金を重ねるという状況で、家族や親族にはとても心配をかけてしまいました。今回、債務整理という公的な処置を受けたことは、そうした心労を解消するという点で非常に良かったと感じています。それに、個人再生という手段を選んだことにより、しばらくの間、金融機関からの借り入れはできないと告げられました。まだ少し飲食店経営への未練が残っていたものの、融資なしでは無理でしょうし、きっぱりと諦める良いきっかけになったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

三井住友銀行の債務整理体験談

債務整理で過払い金が戻ってきました

借入額210万円

任意整理の結果、400万を越える借金が帳消しになり、60万の過払い金を手に出来ました。

借入額410万円

やっと普通の生活に戻ることができました

借入額190万

ズボラな会社経営の結果

借入額500万円

インターネットショッピングにはまり、クレジットカードで多重債務者に。

借入額200万円

任意整理のおかげで300万円もの借金を完済出来ました

借入額300万円