経済DVを受けて生活費のために借金をしました

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
3年7ヶ月
毎月の返済額
2万円

出産してから経済DVを受けて、生活のために借金をしました。

結婚して妊娠するまではとても優しい夫でしたが、妊娠後に態度が変わり、出産した後は肉体的な暴力こそ振るいませんが、暴言を吐く、態度が乱暴になるなどして、さらに生活費をくれなくなりました。いわゆる経済DVで、私は幼い頃に両親を亡くしていて、親戚とは折り合いが悪く頼れず、義両親にも言うことができません。また産後に体調を崩し、赤ちゃんも抱えているので働くことができず、最初は毒新時代の貯金を切り崩し、その後は仕方がなく生活費をリボ払いやキャッシングで済ませるようになりました。利息は分かっていますが、他に方法がありませんでした。

楽天カード80万円、イオンカード50万円、月々の返済が2万円

本来なら喜ぶべきはずの子供が生まれてから夫がDV気味となり、生活費をくれなくなって、自分自身で用意するしかなくなりました。最初は貯金を切り崩してその後はリボ払いやキャッシングでなんとかしのいできましたが、返済に終われるようになりました。定期的な収入があればいいのですが、外に働きに行くことができない状態では厳しく、在宅ワークで微々な収入を得て、毎月必死になって返済していました。夫に知られると面倒なことになりそうで、生活の厳しさと不安からストレスを抱えて、生きた心地がしませんでした。

任意整理で利息がなくなり、督促に怯えることがなくなりました。

在宅ワークでは微々たる稼ぎにしかならなく、毎日の生活に絶望感しかありませんでした。我が子だけはなんとか守りたく、このままではいけないと決意して弁護士事務所に行くことにしました。無料相談を受けて、債務整理をすすめられてお願いしました。私の場合定職がなく、任意整理にして交渉と手続きを行ってもらったところ、利息分がカットされて返済がしやすくなりました。また家庭の事情を話したところ、弁護士事務所が窓口になってくれて、自宅に督促状が届かないようにしてくれて安心することができました。

将来を考えることができるようになりました

弁護士さんに借金を作った経緯を話したところ、経済DVだと断言されて、自分の気のせいではなかったと分かりました。そしてシェルターの存在を教えてもらい、離婚についても視野に入れた方がよいとアドバイスをくれました。これまでも疑っていましたが、第三者から言われると事実だと分かり、ショックを受けながらも先のことを考えなければいけないと思うようになりました。自宅に居てもストレスが溜まるだけで、すすめに従ってシェルターに避難することにしました。そこで同じ境遇の方と話す機会を持って、今は離婚にむけて動き出しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

楽天カードの債務整理体験談

住宅の支払いは続行します。

借入額200万円

250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

借入額250万円

自己破産で借金が帳消しに!

借入額80万円

買い物依存症になりリボ払いで借金を膨らませました

借入額200万円

ようやく肩の荷が下りました

借入額160万円

家族カードの管理は難しい現実

借入額390万円