簡単に保証人にはならない方がいい!友人を信頼して招いた借金地獄

2019.03.15 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
3年7ヶ月
毎月の返済額
10万円

数百万円の借金をする友人の保証人になり、友人が逃亡。すべて肩代わりし、借金地獄に

仲のいい友人から電話がかかってきて、第一声が借金の保証人になってほしいとのことでした。あまりにも急な出来事で、話を聞いてみると事業資金として借金をしたいとのことでした。友人は昔から、カフェをオープンしたいといっており、そのことを知っていたので有無を言わず保証人になってしまったのです。今考えると、おかしなことでした。当時の収入は、上場企業の会社員ということもあって月々30万円程度はもらっていました。しかし、その後友人と連絡が途絶えてしまい、完全に音信不通になってしまいました。そして、残ったのは借金の支払い明細書だけでした。

三菱東京UFJ銀行から200万円、アコム、アイフルから各50万円の借金。月々10万円の返済。

事業資金として300万円必要でしたが、銀行で借りれるのは200万円まででした。そこで、アコムとアイフルから50万円ずつ借金をして、総額300万円の帆初任になってしまったのです。しかし、その後すぐ友人からの連絡は途絶えてしまい、借金の請求が渡しにくるようになりました。その状況が全く理解できておらず、私も支払いをやめていました。しかし、請求の電話が鳴り止まず結果として支払っていくことになったのです。家庭環境はというと、借金のことを常時考えていましたし、仕事もてにつかないほどでした。

特定調停で友人を捜し出し借金を全額負担!一気に借金地獄から解放されました!

どう考えても保証人とはいえ、本当に事業資金に使用されているのかわからなかったですし、色々辻褄が合わなかったので、知り合いの弁護士に相談してみることにしました。すると、特定調停を行う手続きを進めてくれて、音信不通になっている友人を捜し出し、特定調停を行ってもらうことになりました。相手のことを詳しく聞いてみると、事業資金には使用しておらず自分の生活費と娯楽費に借金を使用していたそうです。結果として、虚偽による借金ということで、今まで支払った約120万円を私に返済することと、残りの180万円を全額返済することを条件に調停は終わりました。

全額負担させたので、借金地獄から解放されました。

特定調停をしてよかったと思ったことは、借金を全額負担させることができたことです。これは、状況が状況だったので当たり前のことでしたが、特定調停を行わなかったら、友人の借金をただ支払っているという状況でしたので、利用してよかったと思います。その他のメリットとしてあげるなら、金銭管理をするようになったということでしょうか。口座引き落としでどれだけ借金を支払っているかわかりませんでしたが、特定調停の条文で自分がいくら返済しているかわかりました。120万円も支払っていたとなると、もう少し収支管理をしなければならないと思い、特定調停をしてよかったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

バンクイックの債務整理体験談

新たな借金をせずに済みました。

借入額200万円

ペットが病気になり治療費を得るため借金をしました

借入額180万円

心を入れ替えて頑張ります。

借入額80万円

浪費でも減額できました。

借入額200万円

ママ達とのおつきあいで得た教訓

借入額110万円

家計簿をつけるようにします。

借入額90万円