彼氏にお金を貸したのがきっかけで多重債務者に

2019.03.22 更新

20代OL

月収
15万
借入先業者名
借入額
145万円
借入期間
7年1ヶ月
毎月の返済額
5万円

彼氏にお金を貸したのきっかけでした。

私は20代の時に、多重債務者になりました。当時、付き合っていた彼氏が、パチンコや競馬が好きでギャンブルをしていました。私は働いたお金で遊んでいると思っていたら、借金をしてまでギャンブルにのめり込んでいたのです。最初にお金を貸して欲しいを言われた時は、彼の実家が自営業をしていたので、経営悪化で困っているからという理由でした。始めは数万を貸しました。そして次には私は貯金がなかったので、サラ金でお金を借りて欲しいを言われました。彼は、返済はするからと言われたので、言われるがままにサラ金に行きお金を借りました。月収15万円の私でしたが、案外簡単に借りれたので驚きました。

アコム、プロミス、アイフル、合計145万円の借金。

結局、消費者金融業者2社から100万円を彼に貸しました。ところが、数ヶ月は毎月の返済額を私に渡してくれたのですが、それ以降は全く払わなくなりました。そして、私にお金を借りた理由も全て嘘だと分かり、ギャンブルをしてたことがわかったのです。2人の関係は当然うまくいくことはなく、別れることになりました。彼からの返済はそれからなくて、結局数万円しか返してくれませんでした。その後、私は返済が困難になり、生活費のためにもう1社の業者に借り入れをしました。借金はどんどん膨らみ、さらに返済に追い込まれることになったのです。

特定調停により、145万円の借金が10万円にまで激減!一括で清算しました。

とうとう、毎月の返済額で返すことができなくなり、利息だけの支払いを1年近く続けていました。そんな時に電車広告で、過払い金請求のことで、金利の高い利息は違法だということを知りました。私は25%前後の金利で毎月各業者に利息を払っていました。まさに自分にはてはまることだったので、各業者に取引履歴を取り寄せて、パソコンのエクセルを使用して利息の引き戻し計算をしたところ、借金が大幅に減っていることがわかったのです。そして、簡易裁判所に特定調停を申し込みをしました。そしたら145万円の借金が、過払いの引き戻し計算をもとに、調停委員の交渉のおかげで10万円ほどに減りました。残りの借金は一括で返済できたのです。

債務整理をしたら、借金を清算することができました。

電車広告で過払いということを知った時は、自分でインターネットで様々なことを調べて知ることができました。今まで自分が違法金利での支払いをしていることも知らなかったのです。自分の借金を知ることで、疑問を感じ、債務整理をしようと思いました。専門家に頼もうと思ったのですが、費用もなかったので、数千円の費用でできる特定調停で借金を整理しました。2回の出廷で済みましたし、業者はこず、調停委員の方が電話でやり取りしてくれました。年月はかかりましたが借金の清算が済んで喜んでいます。自分で色々と行動できたことが、再スタートができた大きな転機となりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

任意整理した借金を一括返済で支払いすれば得する?

目次任意整理をした借金の一括返済を考える任意整理した借金は…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

妻に内緒のもうひとつの家庭

借入額400万円

保証債務を負担するために行った借金が重くのしかかりました

借入額250万円

リボ払いは打ち出の小槌ではありません

借入額160万円

債務整理で10年程続いた借金生活に終止符を打てました

借入額150万円

ゲームにはまってしまい、借金生活になりました。

借入額305万円

さまざまな気づきがあった債務整理体験談

借入額120万円