脱サラした喫茶店に失敗して借金を背負いました

2019.03.22 更新

OL

借入先業者名
借入額
230万円
借入期間
2年3か月
毎月の返済額
10万円

夫が脱サラして喫茶店をはじめましたが失敗して、借金を背負いました。

夫が脱サラをして喫茶店をはじめたいと言い出して、我が家は子供がいなく、共働きで家計も一部を共有していますが他は別会計にしていて、トラブルがないと思い了承しました。最初は上手くいっていましたが、次第に赤字が増えてきて、家計にも影響が出てきてしまいました。いくらか貸して欲しいと言われて、つい渡してしまい自分の貯金が少なくなって、税金をはじめ、光熱費や通信費など必要な支払いができなくなってしまいました。夫はキャッシング等もできない状態で、仕方がなく私が借りて支払いに充てました。

三井住友100万円、楽天カード80万円、イオンカード50万円、月々10万円の返済

夫が脱サラした喫茶店が赤字を出すたびに私の貯金を使って穴埋めをして、そのせいで光熱費や税金などの必要な支払いができなくなり、本人は借りることもできなく、私が代わりに借金をしなければいけなくなりました。私自身はwebデザイナーとして働いていてなんとか返済できると思いましたが、夫が赤字になると金銭要求するようになり、身動きが取れなくなってしまいました。喫茶店は続けるほどマイナスを出していき、閉めるように言っても聞いてくれず、私自身の返済もうまくいかず、喧嘩が多くなり最悪の状態となりました。

自己破産ですべてなくしましたが、気持ちだけは解放されました

夫の喫茶店に対する執着はすごく、どれだけ赤字になっても閉店する気がなく、返済ができず少しずつ借金が増えていきました。このままではいけないと思い、夫と何度も話し合いましたがまるで聞いてくれず、離婚も視野に入れて弁護士さんに相談することにしました。そこで自己破産をすすめられて私は受けることにしましたが、夫は嫌がり、結局は離婚をすることになりました。何もかも失いましたが、借金返済の苦しみから解放されたことだけは幸せで、新しい生活に向けて考えることができるようになりました。

借金から解放されて、新しい生活を考えることができるようになりました

自己破産と離婚を行って、これまで持っていたものをすべて失いましたが、毎月の借金返済に苦しむことがなくなり、苛立ちや不安といったマイナスの感情もなくなってくれました。またマイナス要素であった喫茶店を切り捨てることができて、新たな生活について考えることができるようになりました。私個人はwebデザイナーで仕事のあてはあり、これまで借金で頭がいっぱいで営業活動ができなかったのですが、心機一転して行うようにして生活を再建していきました。今は幸せで、もっと早く決断すればよかったと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

楽天カードの債務整理体験談

金銭感覚の狂いがきっかけで借金地獄に陥りましたが任意整理で救われました

借入額300万円

ギャンブルで借金を背負い込みました。

借入額250万円

返済計画を立ててもらいました。

借入額70万円

友達に借金を返済するために消費者金融で借金。多重債務者になり返済が困難に。

借入額90万円

パチンコにはまって借金を作りました

借入額100万円

親切な司法書士先生のおかげで人生を再出発できました

借入額180万円