ゲームに嵌って課金で借金を作りました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
4年2ヵ月
毎月の返済額
6万円

スマホゲームに嵌って、課金にお金をつぎ込み借金をするようになりました。

地元の大学を卒業後、上京して憧れていた東京での社会人生活がはじまりました。しかし夢に描いていたものと違い、物価が高く生活に余裕がなく、会社内の人間関係もドライで、友人もできなく毎日に寂しさを感じていました。そんな時に暇つぶしでスマホゲームをはじめて、交流が楽しくなり、最初はお小遣いの範囲内だった課金が増えていき、やがて生活費や貯金もつぎ込むようになりました。そして家賃や光熱費、通信費の支払いができなくなって、はじめて危機に気付いて、何とかしようとキャッシングに手を出しました。

楽天カード80万円、アコム50万円、月々6万円の返済

何気なくスマホゲームをはじめて嵌ってしまい、生活費や貯金を課金につぎ込んでしまい、生活に困るようになりました。そこでキャッシングで当座の生活費を得ましたが、利息分がついて次は返済が大変になりました。毎月の給料は生活するのがやっとで、仕方がなくアルバイトをはじめて借金返済のお金を作ることにしました。利息分の支払いが無駄なので早めに返したく頑張りましたが、体も心も疲れ果てて、毎日が辛いものとなっていきました。しかも社内の飲み会などでお金が必要になる場合もあり、断れず新たにキャッシングするなど悪循環に悩みました。

任意整理で利息分がカット、借金の総額が減りました。

毎日に疲れ果てていて、テレビで無料の弁護士相談があることを知って利用しました。そして債務整理をすすめられて、いくつかある中で任意整理を選びました。理由はリスクがもっとも少ないことで、個人再生は官報に名前が載るということで、実家の両親に知られたら困り、自己破産まではいかないと思って任意整理にしました。結果的には利息分がカットされて、借金の総額が減り、返済を急ぐ必要もなくなり月々の支払いを6万円から3万円に減らしました。バイトで無理をすることがなくなり、少しだけ生活にゆとりが生まれました。

返済の額を減らして暮らしにゆとりが出て、新しい生活を考えることができるようになりました

任意整理の結果、利息分がカットされて借金の総額が減って、月々の支払いも少し減らして暮らしが楽になりました。夜のバイトで無理をすることがなくなり、返済で足りない分は自宅でできる在宅ワークを探すようにして、心身に負担をかけすぎないようにと考えるようになりました。これまで家計簿をつけていなかったのですが、付けるようにして、お金の流れを目で見て分かるようになりました。その結果、自然に無駄遣いをしないようになり、課金もバカバカしいと思いやめるようになり、新しい生活をはじめることができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

楽天カードの債務整理体験談

怪我をして治療費や生活のために借金をしました

借入額100万円

大学時代から勤めていた会社が倒産して債務整理を

借入額160万円

買い物依存症になってショッピングリボから多重債務となりました

借入額180万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

買い物依存症に陥って

借入額200万円

キャッチセールのローンで借金をしてしまいました

借入額180万円