軽い気持ちではじめたことが自己破産に

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
4年8ヶ月
毎月の返済額
6万円

とにかく見栄っ張りの性格が災いし借金生活に突入。

昔から、人には負けたくないという気持ちが強すぎる傾向がありました。社会人になっても、その性格が変わることはありませんでした。ホテルのコックになることができましたが、いきなりの試練が待ち受けていました。同期や先輩との飲み会が定期的に行われており、お金がないにもかかわらず、参加してしまうのが、私の悪い癖でした。お誘いをされると断りきれない性格も災いし、貸し金業者やクレジット会社に借りるようになってしまいました。最初のうちは、緊張していましたが、慣れてくるにつれて、違和感もなくなりました。

アイフルとレイク、アプラスから各40万円の借入。月々6万円の返済。

貸し金業者やクレジット会社を利用してから間もないころには、お金を借りるということに、どことなく後ろめたさを感じていました。しかしながら、返済を続けているうちに、借りているという思いが薄れていきました。まだまだ借りたいという衝動にかられることもありました。幸いにも、年齢が若かったため、カードの上限が、40万円となっていましたので、結果として、莫大な借金を抱えることを回避することができたのだと思っています。3社の合計額が、100万円を超えるようになるころからは、支払いができないようになりました。

自己破産をすることで、自らが楽になりました。

毎月の返済がスムーズにできなくなっても、踏ん張っていました。会社にも、連日のように個人名で督促の連絡が入るようにもなりましたが、歯を食いしばって耐えていました。たび重なる遅れにより、督促担当者の方も徐々に対応が厳しくなっていくのがわかりました。私は、弁護士事務所に相談することにして、カウンセリングの結果、自己破産という選択をすることにしました。債務の合計額は少ないものの、収入自体が少ないこともあり、裁判所にも破産を認めてもらうことができました。いろいろなアドバイスをしてくれた弁護士に感謝しています。

督促の電話もなくなり、モヤモヤ感もなくなりました。

自己破産をすることについては、後悔の思いもありましたが、弁護士からのアドバイスも後押しになりました。まだまだ若い年代だということで、やり直しができるという言葉をもらうことができました。調理師免許も持っていたので、職業的にも安定しているということも、自己破産に踏み切れた理由です。私に融資をしてくれたアイフルやレイク、アプラスに対しては申し訳ないと思っています。弁護士には、気にする必要はないといわれましたが、一部の担当者の方には、とても親切にしていただきましので、お礼がしたかったのです。なにはともあれ、心もリセットすることができたのが良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

レイクの債務整理体験談

借金問題で悩んでいるなら、絶対に債務整理すべき

借入額200万円

任意整理おかげで本来の自分を取り戻せました

借入額250万円

社内イジメにより鬱状態に陥りました

借入額350万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

借金から解放、家族との関係も改善

借入額130万円

複数の消費者金融に借金をして返済不能に陥ってしまいました

借入額320万円