任意整理のおかげでリボ払いから始まった借金地獄から抜け出せました

2017.11.29 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
260万円
借入期間
4年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

信用取引の追証を支払うためカードのリボ払いに手を出したことをきっかけに借金地獄に陥る羽目に。

デイトレードブームに湧いていた当時、私は新興株を中心に株式売買を繰り返していました。当時の私は月収20万円にも満たない派遣社員だったので、何とか株で大儲けしたいという気持ちが強かったんだと思います。必死に貯めた100万円を元手に始めたばかりの頃は、恐る恐る現金取引だけを繰り返していましたが、それなりに好成績を収めたことに気を良くして信用取引にも手を出すようになりました。そんなある日、私が限度一杯まで信用買いをしていた新興株が暴落。60万円もの追証が発生してしまったのですが、その穴埋めをクレジットカードのリボ払いで行ってしまったことが借金地獄の始まりでした。

イオンカード、JCB、モビットから合計210万円、アイフルから50万円。毎月5万円の返済。

追証を支払って難を逃れた当初は、すぐ株で取り返せば良いと思っていたのですが、株式相場は停滞を始め、なかなか思うような運用成績を上げることが出来ません。少しずつ負けは積もっていき、一時はプラス200万円にまで到達していた収益もマイナス域に突入してしまいました。その頃には私の金銭感覚はすっかり狂ってしまっており、リボ払いの総額は260万円に到達。トレードの才能が無いことが分かった私は、また派遣社員の仕事に専念することになったのですが、薄給の身に毎月5万円の利息払いはとても厳しく、生活は苦しくなりばかり。そして世界同時不況をきっかけに派遣切りに遭い利息すら払えなくなり、ついに滞納をしてしまいました。

担当司法書士の対応は事務的ではなく人間味がありました。任意整理の結果、債務は約半分に。

4年以上続いた利息だけを支払う生活がついに破綻し、滞納する羽目に陥った途端、カード会社の取り立てに追われる毎日が始まりました。何時までも逃げ続けるわけにもいかないと思った私は、ネットで知った債務無料相談を利用してみることに。担当の司法書士先生は、私が想像していたのとはまるで違う人間味に溢れている人で、親身になって私の訴えを聞いてくれました。そして相談の結果、任意整理をお願いすることになった次第です。債権者との示談が成立したのは約1ヶ月後で、債務は約半分に圧縮。計4年間、毎月2万7千円の支払いで決着が付きました。任意整理にかかった費用は4社あたり3万5千円、合計14万円です。

終わりの無い悪夢のような日々から解放され、人生をやり直そうという気持ちになれました。

任意整理に強い司法書士の先生に一任したおかげで、返済期間がそれほど長くないにも拘わらず大幅な借金減額を勝ち取れたことはとても幸運だったと思います。任意整理は裁判所を介さない当事者間の話し合いですから、素人でも交渉をしようと思えば出来るらしいですが、私ではとてもここまでの好条件を引き出せなかったと思います。話し合いが成立するまでの間、取り立てが一時ストップしたことも私にとってはとても嬉しいことでした。その間に今までの人生を振り返り、今後どうすればいいのか冷静に考えることが出来たと思います。利息だけを払い続ける日々は本当に精神を蝕みます。お金の恐ろしさを痛いほど理解出来ましたし、現在では毎月少しずつでも貯金をするよう心がけています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

モビットの債務整理体験談

競馬で大負けして借金地獄に。

借入額330万円

ボーナス払いはアテにしてはならない

借入額320万円

デイトレードで作る借金は一瞬です

借入額180万円

アイドルのハワイツアーに参加する為に借金をしました。

借入額361万円

生活費のために借金をしました。

借入額300万円

債務整理をして生き方が変わりました

借入額200万円