奨学金返済が思わぬ落とし穴に

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
6年1ヶ月
毎月の返済額
3万円

社会人になり始まった奨学金返済が家計を圧迫、生活費や返済資金に充てるお金を借金

裕福な家庭ではなかったのでせめて大卒という学歴があれば将来は困らないだろうと考え、奨学金を借りて進学しました。卒業後は奨学金の返済が始まり、その期間は長期に渡ります。しかし思うように就職活動は進まず、希望の企業には入社できませんでした。しかし大学卒業時までに借り入れた奨学金は約400万円にも上ります。自分の収入だけではどうにもならず、ボーナスの時期までというつもりで消費者金融に借金を始めたのが最初のきっかけです。しかし期待していたボーナスも当初予定していた金額は貰えず、生活費は不足し続け借金を重ねる結果になりました。

120万円の借り入れがあり、月々の返済は3万円でした

奨学金という莫大な金額の借金返済に加え、生活費の借金返済という二重の借金が生活を圧迫していました。何とか生きてはいましたが、借金返済に追われる日々は生活を楽しむ余裕など全くありません。何の為に大学に入り、何の為に生きているのかさえ分からない状態でした。どんなに困っても返済期日は待ってくれませんので、時には返済をするために借金をするという状態も。同世代の人が合コンをしたり、友人とグルメやショッピングで楽しんでいる光景がとても羨ましく、だた返済に追われる自分がとても惨めで、精神的にも追い詰められた状態での生活でした。

借金が大幅に減額され、借金問題が解決しました。

借金まみれでどうにもならなくなり、追い詰められた状態になって初めて相談に行ってみる事にしました。本当は誰かに助けてもらいたかったのですが、自分の選択が招いた借金です。借りたものもまともに返せないのに、相談するなんてとてもできないと感じ、実際に相談するまでかなりの時間が経過していました。私の場合は任意整理で借金が減額された事に加え、過払い金も発生しているとのことで、約60万円ほどが過払い金として返還される結果に。その結果あれほど悩んでいた借金問題が見事に解決され、何とか生活を立て直す事に成功しました。

借金地獄から生還し、生きる気力を取り戻しました

こんな解決策があるのであれば、もっと早く相談すればよかったです。「過払い金」など言葉として聞いた事があっても、実際にどういったものかは理解していなかったので、まさか自分に関係があるとは思ってもいませんでした。弁護士の先生方はこうした問題を数多く解決してこられたエキスパートなので、様々な事例に対処する解決力を持っています。勇気をもって相談する事で最善の解決策が示されました。悩んでいるだけでは解決出来ない問題ですので、勇気を出して相談する事を借金問題で悩んでいるすべての人に強く勧めます!

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

レイクの債務整理体験談

兼業農家だったので個人再生手続きが出来ました

借入額400万円

お金を借りすぎて、首が回らなくなりました。

借入額200万円

長い間返済を続けてきた借金を、合理的な方法で解決出来た

借入額200万円

クレジットカードの使いすぎで多重債務者に。

借入額350万円

任意整理によって返済の負担が楽になりました。

借入額100万円

病気で仕事を休んだことで収入が減ったので借金に頼りました

借入額155万円