急いで過払い金返還請求を行った方が良い

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
9年8ヶ月
毎月の返済額
7万円

派遣社員だった時に生活費を埋めるために借金。

派遣社員として勤務していた頃には、工場勤務が途中で打ち切られることが何度か有りました。毎回すぐに次の現場が用意されるわけではなく、待機期間はクレジットカードと消費者金融からの借入で生活費を賄うことも少なくありませんでした。3ヶ月借金生活を行なうと、その後の1年間はひたすら返済に負われることになるので、3年間しっかりと派遣期間を全う出来る職場を望んでいました。毎日不安と隣合わせで生活していたので、クレジットカードを失う訳には行かずに必死で返済を行っていました。だからこそ定期的に完済が行なえたと今では考えています。

セゾンカード、ライフカード、アイフルから各60万円の借金。月々7万円の返済。

一度作ってしまった借金は何とか2年以内に完済するようにしていました。セゾンカードが最も利率が低かったので、セゾンカードを優先的に使用しており、利用可能枠が満杯に近づくとライフカードとアイフルで凌ぐ状態を繰り返して生活を維持していたわけです。実際に3年間仕事が継続した際には、最後の1年間は無借金生活が実現出来ていたものの、次の派遣先が短期で打ち切られるとまた借金生活に戻る状況に嫌気がさして契約社員を目指すキッカケとなりました。その後に契約社員として働くことになった会社は、3年間派遣社員として働いた職場でした。

過払い金返還請求により、何とか80万円戻って来ました。

金利が以前は高かったので、過払い金があると感じていました。実際に過払い金の有無を調べてもらう際には、正確な調査を依頼することを最優先するために弁護士に相談することにしたわけです。セゾンカードは低金利でしたから、グレーゾーン金利が無いことを確認してもらい、ライフカードとアイフルは過払い金返還請求を行なうために全取引履歴開示請求を依頼しました。結果としてセゾンカードは過払い金ゼロ。ライフカードは30万円、アイフルからは50万円の過払い金が見つかり、6ヶ月かけて全額回収に至りました。

過払い金の返還請求により、貯蓄が増えたので生活がより安定しました。

過払い金返還請求がテレビCMや広告により宣伝されていたので、金融会社の経営状況を圧迫していると言われています。弁護士に過払い金返還請求を相談した際には、取引があった金融会社名により過払い金返還請求を急いだ方が良い場合があると知りました。銀行の傘下に入っている場合には資金面で問題無いものの、倒産してしまうと過払い金返還請求先が無くなってしまうことから、過払いがある場合には早期に請求を行なう必要があると知ったわけです。実際にお金が戻ってくると嬉しいもので、本来は金融会社に不当に搾取されていたお金ですが、手にすると怒りよりも嬉しさが勝ることが不思議に思いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

レイクの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる

目次新生銀行カードローンレイクの借金を任意整理するメリット…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

ライフカードの債務整理体験談

目標を持つことができました。

借入額70万円

母子家庭で生活苦のため借金をするように

借入額300万円

当たり前の生活を取り戻せる、借金整理

借入額5000万円

借金して返済を3ヶ月続けたら多重債務者です

借入額250万円

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円

これから真面目に頑張ります。

借入額100万円