過払い金返還請求訴訟を提起して判決を得ることが重要です

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年11ヶ月
毎月の返済額
6万円

ボーナスカットで住宅ローンを補うために一時期消費者金融から借金していました。

大卒で入社した会社が定年まで存続している保証が無くなった現代では、親会社が突然変更となることも珍しくありません。実際に親会社が外資系に切り替わった時には、ボーナスが2年間凍結されたことがあります。その時は突然すぎて、ボーナス払いを併用していた住宅ローンを直撃しました。必死の思い出信販会社や消費者金融からかき集めたお金で、何とか住宅ローン返済を続けて復活したボーナスにより5年かけて完済するに至ったわけです。二度と同じことが起きて欲しくありませんが、いつ何が起きるか分からないので貯蓄に励むようになりました。

アコムとオリコから各100万円の借金。月々6万円の返済。

毎月6万円の返済が続くと、家計に対する圧迫度はかなりの衝撃でした。しかし、住宅ローンは絶対に滞納出来ないので頑張るしかありません。家計の引き締めを更に厳しくした上で、随時返済額を余裕がある月には増やすなど、元金の返済を増やす努力をしていました。徐々に最低返済額が減ってきたので、完済に5年かかったものの目標達成出来たわけです。苦しい思いをして返済していたお金には、グレーゾーン金利という金融会社にとって暴利となる不当利得が含まれているとは知りませんでした。過払い金の存在を知った時には、1円でも多く回収しようと決意したものです。

過払い金返還請求訴訟を提起して、法定利息を加えた分まで全額回収出来ました。

法律面では完全に素人だったので、話しやすく相談しやすい弁護士に依頼して、過払い金返還請求訴訟提起を行い過払い金の全額回収を行いました。アコムからは和解書が、オリコからは和解提案が寄せられましたが、アコムからは7割でオリコからは5割の過払い金支払いによる和解という話にならない和解条件が提示されました。そこで、過払い金全額支払いに加えて法定利率として年5%を加えた金額の支払いを求めました。結果として、和解を全て拒否して訴訟判決を得ることで完全回収に至、アコムから50万円、オリコから75万円の過払い金を取り戻せました。

過払い金返還を渋る金融会社には、訴訟提起により法定利率5%まで加えて請求出来てスッキリしました。

金融会社の立場では、グレーゾーン金利で利益を得ていたものの、なるべく過払い金の返還を拒みたい希望があることは確かです。しかし、不当利得返還請求を行なうことを妨害するとも考えられるので、満額回答以外の和解案を飲んでしまう司法書士に依頼することは避けました。地方裁判所以上で訴訟代理権がある弁護士に依頼したことで、全ての過払い金を法定利息を付けて回収に成功出来て良かったと考えています。不当利得返還請求を妨害する金融会社に対しては、すぐにでも訴訟提起を行って全額回収すると良いでしょう。過払い金返還請求訴訟判決を得れば、全額回収可能です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

アコムの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまと…

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

オリコの債務整理体験談

任意整理を行なう際には弁護士に依頼すると良いと知りました

借入額210万円

過払い金返還請求は会社別に対応が異なる

借入額220万円

滞納している状態では給与所得者等再生を狙うしかありませんでした

借入額320万円

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円

車にお金を欠けすぎて借金地獄になりました。

借入額234万円

借金して返済を3ヶ月続けたら多重債務者です

借入額250万円