債務整理をすることによって、金銭面の不安が解消!

2019.03.22 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
600万円
借入期間
20年
毎月の返済額
12万円

家族の収入は私の月給手取り8万円で、生活費が足りず、消費者金融から借金しました。

父は出版社を経営していましたが赤字経営で、家族3人の生活費は、私の給料をあてていました。しかし、私の給料8万円だけでは、生活を維持していくことができず、銀行や消費者金融から借金をして生活費を捻出するしかないという状況でした。職場の上司、同僚とのつきあいや冠婚葬祭などの出費もあったため、さらに借金が増えていきました。最終的には、借金返済のために借金をするという生活状況に陥ってしまいました。年2回のボーナスも天引きで銀行の借金返済をしていたため、手取りはほとんどありませんでした。

消費者金融から600万円、銀行から400万円の借金。月々の返済15万円。

借入限度額がアコム50万円、アイフル100万円、武富士150万円、シティファイナンス50万円、モビット200万円、ライフカード50万円で、銀行からは、400万円の借入がありました。消費者金融、銀行ともに返済しては限度額内で再融資を受けることの繰り返しでした。消費者金融は、長期間の滞納をしなかったので、再融資が可能だったのでしょう。銀行からの借金は、給料天引きだったので滞納はなく、400万円のうち200万円ほど返済した時点で借り換えをしていました。このように、金融機関から借り換えを繰り返し、借金返済と生活費を捻出していたのですが、じょじょに消費者金融への月々の返済が困難になり、全社4か月以上滞納し一括返済を求められました。電話・電気・ガス料金等も滞納し、止められるような生活状況に陥りました。

過払い請求で全額返済でき、借金についての精神的苦痛がなくなりました。

司法書士に依頼して任意整理をした結果、300万円ほどの過払い金が戻ってきて、月々の消費者金融への返済は完全に無くなりました。私の場合、約20年という長期間にわたり返済と借り換えを繰り返していたので、利息制限法の上限金利を超えて返済していた額が800万円になっていました。そのうち3割の240万円は、司法書士の成功報酬として支払い、260万円は残債の返済にあてました。任意整理をしたのは消費者金融6社のみで、銀行からの借金は、そのまま残っており毎月、給料天引きで返済しています。

毎月の消費者金融への支払や生活費についての心配がなくなり、金銭的に余裕のある生活になりました。

司法書士に任意整理を依頼すると、すぐに消費者金融からの催促の電話や文書が来なくなりました。とくに消費者金融からの電話は、非常に苦痛に感じており精神的にも追い込まれていたので、救われた思いでした。最初に消費者金融から融資を受けてから任意整理をするまで、精神的にとても苦しい日々を過ごしました。いつも心のどこかに借金についての不安があったのです。もっと早く債務整理ついて知っていたら、こんなに長い間、苦しまずにすんだのにとも思います。多重債務に陥ると相談相手もいなく、ひとりで悩み続けてしまいます。そういう状況になったら、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談するのが良いと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

武富士の債務整理体験談

問題のある借金でも減額できました

借入額230万円

離婚が借金の始まり、最後には任意整理をしました

借入額240万円

払えないと思っていたのにお金がもらえました。

借入額160万円

借金が消えてお金が入りました。

借入額200万円

任意整理の結果、200万円もの高利負債を無利息の80万円に減らすことが出来ました

借入額200万円

引っ越し費用のために借りました。

借入額100万円