今利用しているカードが利用停止となる可能性があります

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
140万円
借入期間
9年4ヶ月
毎月の返済額
6万円

パチンコの軍資金として以前はよく利用していました。

独身時代には営業部に所属していたので、空き時間にパチンコで時間調整をしていました。軍資金が不足していた時には、クレジットカードや消費者金融のカードで借入を行なうこともあったので、負けが込んだ時には借入額が多くなることもありました。ボーナスで一気に随時返済を行なう機会が多かったので、あまり返済が苦しいと思ったことはなく、銀行の預金感覚で使っていました。交際相手が出来た時にパチンコは止めたので、一気に返済から貯蓄モードに生活が切り替わったことを覚えています。最初から作るカードを2枚と決めていたことで、破産に至るまでの借入にはならなかったのでしょう。

オリコ、ニコスから各70万円の借金。月々6万円の返済。

最初は借金しているイメージがありましたが、何度も繰り返し利用しているうちに利用可能枠が増枠されて金額が大きくなってきました。返済額が2社合わせて毎月6万円となった時に、交際相手が出来たので以後は返済のみに切り替えたことで借金が増えることはなくなりました。ボーナス払いを併用したことで、半年ごとに一気に随意返済を組み入れたので、返済のみに切り替えてからは完済まで2年でした。その後は給与振込口座があるみずほ銀行カードローンを総合口座と併設する形で、引き落とし残高不足が発生した時のために自動融資が出来る状態に設定していました。

過払い金返還請求により、70万円戻ってきたもののカードローンが利用停止となりました。

過払い金の返還請求が出来ることを知ったのは、司法書士事務所の宣伝でした。しかし、司法書士といえば登記のイメージしか無かったので、弁護士に相談すると過払い金返還請求は弁護士が本来行なう業務と知りました。オリコとニコスの過払い金については、完済済みで金利がグレーゾーン金利だったので確実に戻ることが分かっていました。弁護士でも知らなかったこととして、みずほ銀行カードローンが利用停止となることは予想外でした。借入をしていなかったのですが、通知が来たことで発覚したわけです。最終的にはオリコから40万円、ニコスから30万円の過払い金が返還されました。

過払い金は元々は自分のお金ですが、手続きをすることで取り戻せて良かったです。

オリコとニコスからの過払い金返還請求を行ったことで、自分のお金を取り戻せました。同時にみずほ銀行カードローンは利用停止となりましたが、保証会社としてオリコが入っていたので保証を受けられなくなったことが原因です。過払い金返還請求は、違法な金利による不当利得返還請求を行った結果ですが、金融会社としては取引停止をしてくるので、今後も取引をしたい金融会社かどうかをグループ会社も含めて考えた上で過払い金返還請求を行わないと影響が出ることもあると知ったのです。過払い金返還請求をキッカケとして、保有するクレジットカードや銀行口座を整理する気持ちになれたことが良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」…

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

引っ越し費用が足りなくて借金をしたのがきっかけです。

借入額140万円

生活費をクレジットカードに頼るようになったら債務整理に着手しよう

借入額160万円

別除権協定で悩むことになりました

借入額400万円

仕事で美容にお金をかけすぎて借金生活へ

借入額190万円

訪問販売に引っかかって借金しました。

借入額70万円

通販ショッピングにはまったのが原因の借金

借入額200万円