事業協力をして借金を作ってしまいました

2019.03.15 更新

30代

月収
借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
1年8か月
毎月の返済額
12万円

付き合っていた恋人の起業に協力して借金を作りました。

40前に結婚したく焦っていた時に、お見合いパーティーで知り合った男性と付き合うようになりました。私はプログラマの仕事をしていて、フリーランスでそれなりの稼ぎを得ていて、彼もシステムエンジニアということで話が合いました。そして将来に向けて共同出資で起業することになりましたが、これが詐欺で、貯金のすべてを失って、結婚の夢もなくなりました。しかもわずかですが借金も作っていたようで、共同出資者としてその返済を行わなければいけなくなり、精神的なショックも加わって悪夢のような状況でした。

アコム50万円、プロミス50万円、アイフル50万円、月々12万円の返済

恋人だった詐欺師に騙されて貯金を失い、相手が行った借金を背負わなければいけなくなり、悪夢のような現実は辛いものでした。ただ仕事に関してはフリーランスで働けばその分が稼ぎになり、長年の活動で業界内の信頼は厚く、仕事の受注に困ることはなく、現実から逃れるようにして作業に打ち込んでいきました。その結果、良いペースで返済が続いていきましたが、無理が続いたからか体調を崩して入院をして、何もすることができなくなって将来のことを考えるようになり、債務整理を考えてみることにしました。

過払い金請求が通り、完済することができました

返済しているのはそもそも自分自身の借金ではなく、かなり昔のものが今も残っていたようで、過払い金の可能性があると思いました。そこで弁護士さんに相談して手続きを取ってもらうと、思っていた以上の過払い金があったようで請求して戻ってきました。残っていた借金を支払っても余るくらいで、そのまま完済して悩まされていたひとつの問題がクリアされました。これまでも毎月多めに支払ってきましたので、過払い金請求して戻ってきたお金が手元に残ってくれて、ほんの少しですが心の余裕にもつながりました。

気持ちを一新して前向きに将来を考えるようになりました

結婚を焦るあまり、冷静になればいくらでも怪しいところがあって男に騙されて貯金を奪われ、借金を背負わされて、自分はもう駄目だと思い込んでしまっていました。しかし過払い金請求によって問題のひとつが解決して、さらにわずかですが手元にお金も残ったこと、仕事は順調でこれからは貯蓄できることを考えると、まだこれからがあると前向きな気持ちになってきました。これまで男に騙されて借金したことを知られたくなく弁護士に相談できませんでしたが、早く行えばよかったと思い、頼ることも大切と知るようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

プロミスの債務整理体験談

債務整理で生活が一変/37歳派遣社員

借入額100万円

任意整理で人生の良い勉強ができました

借入額125万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額180万円

仕事用のドレス購入で借りました。

借入額150万円

大好きな買い物をしすぎて気づいたら借金まみれに。

借入額80万円

多重債務者になり自己破産に

借入額250万円