アパレルの仕事をしていた時にはカード払いが多かった

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
6年1ヶ月
毎月の返済額
6万円

アパレル販売を行っていた時に提携カードで買い物させられて借金。

派遣社員としてアパレル販売店で勤務していた時には、制服変わりにシーズンごとの店内商品を実際に購入して着用する必要がありました。毎日同じ服という訳には行かなかったので、毎月10着程度は購入する事態となってしまいました。社割りが効くものの、月末には売上達成のたに買わされることも多かったので、テナントとして入っていた提携カードで購入させられてしまっていたのです。2年ほど勤務した段階で契約社員化すると更に状況が悪化すると分かったので転職しました。オシャレな服は沢山安く手に入りましたが、借金も残ってしまいました。

OMCカード、ニコスから各80万円の借金。月々6万円の返済。

別の派遣先に移動した後には、制服が決まっていたので通勤時のみ着用する服には困りませんでした。しかし、毎月の返済は継続していたので、生活は楽では無かったことを覚えています。派遣期間は最大3年間ですが、同じ派遣先を交互に移動することは出来るので、安定した稼ぎを得るために優良派遣先を探して希望するようになったのです。一気に返済を増やして元金を減らすことが本来は大切ですが、ボーナス払いや勤務先の継続保証は無いので、返済額は一定にして並行して毎月積み立てを行なう生活をしていました。

過払い金返還請求を行なうことで、80万円戻ってきました。

インターネット広告で過払い金返還請求が出来ることを知ったものの、誰に依頼したら良いか分かっていませんでした。司法書士事務所や法務事務所、弁護士事務所など複数あったからです。最も確実な方法として弁護士に相談することになったのは、法テラスに相談したことがキッカケです。ニコスへの過払い金請求はスムーズに進むものの、OMCはセディナに移管されているので全取引履歴開示請求に4ヶ月近くかかり手続きが遅れました。先にニコス側の過払い金が戻ってきてからOMCの請求となるほど期間はズレましたが、何とか合計80万円戻ってきて良かったです。

派遣社員にとって、過払い金80万円が戻ってきたことは心理的にメリットが大きかったです。

派遣社員として勤務していると、手取りが20万円を超えることは勤務先を選ばないと難しい現状があります。弁護士に依頼したことで、最初から過払い金返還請求訴訟を提起出来たので、全額に法定利息を付けて回収出来たことが良かったです。サラリーマンにとっての80万円とは異なり、派遣社員として不安定な収入環境にあると、手取り4ヶ月分相当になる金額が過払いとして戻ってくることは生活の安定にとってもインパクトが強いです。いざという時のために、回収出来た過払い金は使わずに貯蓄に回しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

リボ払いは借金地獄の始まりでした

借入額200万円

生活費が足りなくなった時に軽い気持ちでキャッシングに手を出したら、それが癖になってしまい、我に返った時には借金だらけの生活になっていました。

借入額190万円

債務整理をして、借金問題が解決された体験談

借入額120万円

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円

クレジットカードの限度額を考えず借金まみれに!

借入額40万円

債務整理による個人再生で、多額の借金が返済可能に!

借入額300万円