病気治療のために借金を負いました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
3年3か月
毎月の返済額
7万円

体調を崩して長期入院、医療費や生活費のために借金をしました。

プログラマとして企業で働いていましたが、とても忙しく、体調の悪さを感じていましたが言い出せず知らない間に悪化させていました。そしてある時に倒れてしまい、そのまま病院に運ばれて長期入院となりました。勤務中に症状が出たこと、さらに忙しさから悪化されたことが分かり、治療費の一部を会社が負担してくれることになりましたが、それでも足りなく、保険は最低限のものしか加入しておらず、退院後に医療費の支払いが大変になりました。さらにしばらくは働けず、生活費も必要となりキャッシングで補てんしていました。

楽天カードから80万円、三井住友から100万円、月々7万円の返済

病気で体調を崩して長期入院、その後もしばらくは働くことができなく、休職期間が過ぎていき迷惑をかけてしまって戻るのも心苦しく、辞めることにしました。技術職で在宅でも働くことができて、何とか借金返済くらいはできますが、生活が楽になることはありません。就職活動をするか、フリーランスや個人事業主としてしっかりと働くを迷いつつ、体調が元に戻らず思うように動けないのが辛かったです。そして治療はまだ続いていて、時として医療費が足りなくなりキャッシングをすることもあり、遅々として借金が減ることがなく苦しんでいました。

個人再生で借金の額が減って返しやすくなりました

遅々として減らない借金、体調がなかなか回復しないことから苛立ち焦るようになりました。このままではいけない、そう感じて何とか状況を少しでも改善できないかと弁護士さんに相談することにしました。話したところ、債務整理をすすめられてそれぞれのメリットとデメリットを説明してくれて、自分に適した方法として債務整理を選ぶことにしました。裁判所で可決されるまでやや時間はかかりましたが、総額が随分と減って返済がしやすくなりました。また毎月の返済額を7万円から5万円にして、暮らしにゆとりを持つようにしました。

生活にゆとりができて、体調を治すことに力を注ぐことができるようになりました

債務整理を行って、返済額を少なくして、これまで支払っていた分を貯蓄するようにして、現金が必要になった時にキャッシングをしないで済むようにして、ゆとりある生活を目指すようにしていきました。また医療費控除についてもレクチャーを受けて、後からでも手続きが可能と知って請求をしていくらか取り戻すことができました。さらに光熱費や通信費を自分にあった割安なものにすることで、自然と節約に繋げることができるようになりました。借金問題がひと段落してくれて、安心して体調を戻すことを考えられるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

取引期間が短いと、借金の任意整理はできないの?

目次取引期間が短い場合でも借金を任意整理するメリット短い取…

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

楽天カードの債務整理体験談

怪我をして治療費や生活のために借金をしました

借入額100万円

交渉中は緊張しました

借入額120万円

買い物依存症になってショッピングリボから多重債務となりました

借入額180万円

事業で失敗をして借金を作りました。

借入額220万円

スロット依存症になり借金を繰り返していました

借入額170万円

怖くない自己破産、借金を帳消しに

借入額500万円