闇金融に終われる日々から普段の生活を取り戻せました

2019.03.30 更新

借入先業者名
借入額
270万円
借入期間
親戚が2年8ヶ月,私が1年
毎月の返済額
6万円

親戚の借金を肩代わりして借金生活に

学生時代、実家と不仲であった私は、親戚の家でお世話になり、私生活を過ごしていました。養育費等は自分の親へ請求していたみたいですが、食事や生活費の面倒を見てもらっていて可愛がってもらっていました。私自身自立できる年頃になり、就職した後の事です。親戚の人から相談があると言われ伺ったところ、借金生活を何年もしていて正直苦しいと言われ助けて欲しいと相談がありました。私をここまで育ててくれた感謝もあり、全て肩代わりしてあげると約束しました。その後、業者の方と再契約を交わし、私が返済する事となり、借金生活のスタートを切ることになりました。

借入先は高利貸しの闇金融業者で、借金取りが来る日々を送っていました

親戚が借入していた業者は闇金融の業者で、総額270万円借りていました。その額にもビックリしましたが、もっと驚いたのが、月々決まった金額を返済していても元本が減らないのです。おかしいと思い、すぐに業者へ連絡をしました。そしたらそれは金利分だよと言われ、うちは年利50%だからと言われ電話を切られました。映画でこんな場面をみたことがありますが、まさか自分がそうなるとは思いもせず、ただ怖いという感情だけが残っていました。返済日が数時間ずれてしまっただけで、電話が鳴り響き、催促の促しの連絡がきていました。そんな生活を1年続けていました。

返済する必要がないと言われ、元本の返済のみになりました

私は私生活がまともにできなくなっていたので、CMでよく見る過払い金の相談をしに法律事務所を訪れました。しかし、最初に言った事務所は無理と断言され追い返されました。それが2件くらいあり、4件目でやっと対応してくれる事務所を見つけました。弁護士の方です。闇金融の問題をいくつもこなしてきたスペシャリストです。私は今までのことを洗いざらい話したら、ここは悪質金融業者で有名なところだと言われ、何回も応対しているので安心してくださいと言われました。交渉してくれた結果、270万円で毎月6万円返済していたのが、元本である70万円のみになりました。

弁護士の方のおかげで怯えた生活から普段の生活に戻りました

闇金融業者なので、会社や家族にまで影響が及ばないか心配になっていましたが、返済は滞っていなかったので、ばれることはありませんでした。弁護士の方は手馴れていて、ヤクザのような輩と普通に笑って話しているのです。その光景には唖然としました。その中でも時には罵声を浴びせたり、法律的な話が出てくる等、悪徳金融業者と交渉するのが得意な感じでした。なにはともあれ、70万円の元本が2年ほどで200万円にも膨れ上がるのには驚きました。元本はしっかり返済し、親戚にも報告しました。私はこの経験からお金に困るようなことがあっても借金だけはしないと誓い、全うな生活を送るようにしています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

その他の債務整理体験談

過払い金返還請求は裁判で1年かかりました

借入額210万円

過払い金返還請求するには理由があります

借入額180万円

開放感はお財布に適用したら駄目です

借入額200万円

債務整理ですっきり解決

借入額100万円

人に知られずに手続きできました。

借入額130万円

銀行系のカードローンも任意整理可能

借入額180万円