ブラックリストは気にしなくても良いことが多い

2019.03.25 更新

自営業

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
10年4ヶ月
毎月の返済額
7万円

個人事業主だった頃には収入が不安定だったので借金で調整していました。

現在は契約社員として勤務していますが、以前は個人事業主として働いていたので、実際の収入は入金次第で不安定でした。毎月収入が確実に入るサラリーマンとは異なり、一回の入金額は大きいものの毎月入るとは限らないのが個人事業主の特徴でもあります。不安定な収入状況から、大きな売掛金がある時には、借金で生活を賄うことも珍しくはありませんでした。不渡手形を掴まされないように注意しながら毎日の業務をこなしていた状況です。個人的なルールとして、利用するカードは2枚までとすることで多重債務者とならないように予防していました。

セントラルファイナンス、ライフカードから各80万円の借金。月々7万円の返済。

毎月7万円の返済額に到達したことで、ある程度借金額が増えたことが分かりました。しかし、何度も借入と返済を繰り返していたので毎月の返済額はあまり気にしていなかったことも事実です。借入額が100万円あっても入金が300万円あれば、都度一括返済を行っていることが多かったからです。個人事業主だったので、全ての取引履歴を保管していたこともあり、実際に過払い金返還請求の有無を確認する際には、弁護士に対して資料の提示を行いやすかったことは確かです。完済したタイミングで、個人事業主を廃業して契約社員となったことから借金とは無縁になりました。

過払い金返還請求により全額回収するためには裁判が必要でした。

過払い金返還請求を行えるかどうかの判断を弁護士に調べてもらうため、インターネット経由でよく調べてから予約して向かいました。全ての取引履歴をごっそり持ち込んだことで、弁護士からは裁判を起こせば全額回収出来ると言われました。なぜなら、借入と完済を繰り返しているので、金融会社から見た時には分断の主張をしてくるものの、こちらからは一連計算で主張する形にしないと昔の過払い金については一部取り戻せなくなる可能性があるからです。最初から弁護士に任せた結果、合計75万円の過払い金が戻ってきました。

過払い金返還請求には提訴による判決がシンプルで良いと分かりました。

過払い金返還請求を弁護士に最初から依頼して正解だったと感じています。なぜなら、法解釈により分断と一連計算で解釈の争いが発生する過払い金返還請求だったからです。何事も諦めずに弁護士に任せれば良い結果が出ると分かったので、地道な営業を続けてきて良かったと考えています。今は契約社員ですから、生活は安定していますが、いつでも開業準備が出来るように常に情報収集に務めるようになったことは、債務整理を行った良い影響ではないかと最近思うようになりました。権利は持っているだけではなく、理解して行使しなければ無効になってしまうことを経験したからです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で信用情報機関に登録されたときの「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る?信用情報…

保証人になると債務整理をされたときに生じるリスクとは?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

ライフカードの債務整理体験談

品物をたくさん失いました。

借入額80万円

交渉中は緊張しました

借入額120万円

転職を決意するに至りました

借入額200万円

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円

会社が倒産しても住宅ローンは残ります

借入額320万円

軽い気持ちで借りたら借金地獄になりました

借入額150万円