ホストクラブにはまり、貢ぎ続けた先にあったもの

2019.03.26 更新

借入先業者名
借入額
650万円
借入期間
2年3ヶ月
毎月の返済額
22万円

ホストクラブにはまり、お気に入りのホストに貢ぐ資金を調達するために借金

友人に連れられて行ったホストクラブでお気に入りのホストを見つけました。お金を出して店に行けば甘い言葉をささやいてくれるその快感にハマり、気が付いたら通い続けるように。当時彼氏もおらず寂しい気持ちがあったため、その心の隙間をホストクラブが埋めてくれたのです。お気に入りのホストを何とかナンバーワンにしてあげたいと思い、お店でも大金をつぎ込むようになりました。私に注目してほしいという思いから個人的にもたくさんの贈り物をし、月に100万単位の出費がありましたが、やめる事ができませんでした。やがて資金が不足するようになると、借金をしてもお店に通うようになり、借金の総額も短い期間で膨れ上がり、返済が厳しかったです。

収入の大半がホストクラブに消え、足りない分を借金しても貢ぐ生活

貢ぐ事をやめられないまま借金だけがどんどん膨らみました。お金を使えば何とか気持ちを繋ぎとめられると考えていたからです。しかし私自身は生活も成り立たない状態にまで追い詰められ、最終的には返すあてもないのに借金を続けました。ホストクラブではしゃいている時間は借金の事を忘れ楽しい時間を過ごせるのですが、一歩お店を出ると現実に引き戻されます。借金を返済するために借金をし自転車操業をしていたのですが、限度額いっぱいになり、今度は借り入れが出来ない状態へと追い込まれ、いよいよ自分ではどうにもできない状態へと陥りました。

全てを失いましたが、再出発出来るチャンスを貰いました

滞納が続きどうにもならなくなったとき、テレビで見た相談窓口に連絡してみました。私の場合、年収もそれほど高くなく、持っている資産もありませんでしたので、この巨額の返済は困難だと判断され自己破産をする事に。結果借金が帳消しとなり、新しく再出発する道が開けました。督促に追われ、その日その日を何とか凌ぐだけの生活から、ごく普通ならも平穏な生活へと変化し、自分の陥った状況を少し冷静に考える余裕も生まれました。毎月の収入の殆どが借金やホストクラブに消えるという異常な生活をやめる大きなきっかけとなったのです。

平凡でも人間らしい生活を取り戻せた

本当に地獄のような日々を脱却できたのは奇跡のようです。自分の弱さが分かったので、あれからホストクラブに行く事をきっぱりとやめました。その時は気が付く事が出来なかったのですが、弁護士の先生と面談し、そうしたお金だけでつながっている関係はいずれ壊れるという事を時間をかけて飲み込めたからです。債務整理は私に再出発をするチャンスをくれました。失った信用を取り戻すには長い時間が必要になりますが、これからは堅実な生活をし、同じ過ちを繰り返さないように自分を戒めて生活しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理の期間と手続きの流れ〜和解・返済期間

目次任意整理の手続きから完済までの流れを解説弁護士・司法書…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

レイクの債務整理体験談

見栄やプライドのために借金をしていました

借入額200万円

事業で失敗をして借金を作りました。

借入額220万円

簡単なことに何故か気付けずに債務整理に至ることがあります

借入額200万円

自ら意欲的に支払うことの意味

借入額150万円

パチンコにはまって借金地獄

借入額450万

年老いた両親の介護費用が生活の負担に

借入額450万円