取引期間が長いと任意整理で一気に借金が圧縮出来ました

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
7年4ヶ月
毎月の返済額
8万円

脱サラして開業したもののすぐに売上が上がらず借金。

脱サラして通販事業を始めることにしました。特定の大人向け商品だったので、売り込み方法さえ間違えなければ売れるだろうという甘い見込みから、不十分なマーケティングで始めてしまったので、売上がすぐに上がるわけがありませんでした。売上は少なくても生活費はかかるので、次第にクレジットカードや消費者金融からの借入で生活費を賄うようになっていたのです。実際の商品を直接仕入れて販売する手法から、仲介型に切り替えるまでには3年を要しました。その間に膨れ上がった借金は、生活を次第に圧迫するようになったのです。

三洋信販、スタッフィ、GEカードから各80万円の借金。月々8万円の返済。

仲介型の通販業務に切り替える迄の間には、在庫として仕入れた商品の売り切りを行いました。少しでも借入額を新規に増やさないように現金化を急いだわけです。全ての現物商品を完売させて、仲介型に切替が完了した時には借金額が240万円に到達していました。毎月の返済額8万円を支払うと、うち6万円が利息だったので元金は2万円しか減っていない計算となります。そのような生活を続けていては、いつまでも収益が増えないことは分かっていました。それでも債務整理にはお金が大量に掛かると思っていたので弁護士に相談出来ない状態だったのです。

任意整理により借金額が240万円から80万円に一気に減額されました。

借入期間が長いことと、金利が高い時期に借入を行っていたことから、ある程度債務を圧縮出来ると考えて弁護士に相談してみました。今までの取引明細を全て渡して確認してみると、金利引き直し計算を行なえば借金額が半分以下となることが容易に想像出来ました。実際に全取引履歴を各社に開示請求してから、正確に金利引き直し計算を行なうこと借金額が残り80万円にまで圧縮出来ることが判明したわけです。今まで毎月8万円支払っても完済には程遠かった借金が、将来利息もゼロとすることで毎月3万円弱の支払いで3年で完済出来ることになって良かったです。

月5万円も支払額が減ったことで、生活が安定して余裕が出るようになりました。

任意整理を行なうことで、借金総額を圧縮して返済が楽になりました。今まで返済に苦しんできたかと思うと、債務整理に踏み切ったことは正解だったようです。余りにも早く任意整理を行っても、債務の圧縮にはならなかったかもしれませんが、ある程度金利が高い時期の返済期間が長かったので圧縮に繋がりました。弁護士に依頼して後は交渉を任せておくだけで良かったので、依頼に際して掛かった報酬を考えても十分にメリットがあったと考えています。債務整理の方法は1種類ではないので、弁護士に早めに相談して方向性を決めておくと良いでしょう。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

三洋信販の債務整理体験談

賠償金は減額出来ないが過払い金請求は出来ます

借入額140万円

債務整理をしての結果

借入額250万円

副業で商売を始めることは難しかった

借入額160万円

相続税対策は親に依頼しておくべきでした

借入額400万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万