子供の教育資金の準備不足

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
4万円

子供の教育費が予想以上に必要になった為借金

住宅ローンの返済を続けながらの生活は、決して余裕があるわけではないものの、やりくりで何とか出来る状態でした。そんな状態のバランスが崩れたのは、上の子が進学した時です。学費の安い公立の学校ではなく、私立の学校に進学した結果、親の当初の予想を上回る出費となったのです。入学時の出費だけでもかなりの金額でしたが、月々の納入金も公立とは比べものにならず、進学時期に合わせて掛けていた学資保険だけでは全く足りない状態。それでも子供に教育だけはしっかりと受けさせてやりたいという思いから、不足分は借金をして対処していました。

複数の会社から総額で120万円の借金をし、月々4万円を返済していた

住宅ローンを含めて借金の返済がかなりな額となり、家計を大きく圧迫するようになりました。しかし住宅を手放す事は考えていませんでしたし、子供の教育費も変わる事はありません。妻がパートの時間を増やす等協力をしてくれていましたが、それだけでは不足分を賄う事はできませんでした。これまで蓄えていたわずかながらの貯金も切り崩し、我が家の現金は底をつく一歩寸前。今更後悔しても遅いのですが、私立に通う事も想定して教育資金を貯めておかなかった事をとても後悔しました。子供に余計な心配をかけさせないため、お金の話題は我が家では禁句です。

月々の返済が減額され、返済がとても楽になりました

任意整理をし、月々の返済が4万円から1万5千円に減額となりました。任意整理でしたので持ち家も手放さずに住み、本当に良かったです。生活費の面では改善が必要ですが、住む場所や通う学校を変える事なく問題を解決できたのは、家族にとっても最小限のダメージで済みますので、生活を容易に立て直す事が出来ます。過払い金に関しても調べてもらいましたが、残念ながら私の場合には過払い金は発生しておらず対象とはなりませんでした。今回お世話になった法律事務所の先生はとても親切な対応をして下さる方で、私たちの生活の面を第一に考えて様々な対応をしてくださったので、とても助かりました。

金銭的に少しの余裕が、精神的に大きなゆとりを生みました

借金の金額が大きく膨らまないうちに相談したので、解決まで比較的短時間で済みました。借金問題に実力のある弁護士事務所だったので、問題解決までの時間が短縮されたという事もあったと思います。子供にも知られる事はありませんでしたし、私の勤めている会社にも知られる事が無かったので本当に良かったです。もし知られる可能性が少しでもあれば、相談はしていなかったでしょう。借金に関する問題はとてもデリケートなので、依頼主の様々な状況を配慮してくれる事務所を選ぶ事が問題解決成功の秘訣だと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

レイクの債務整理体験談

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円

遊びで作った借りた金を借金で返済しようと思ったんです

借入額120万円

弁護士の先生の対応が心強い過払い金請求

借入額80万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円

身も心も軽くなる瞬間

借入額350万円から金利などを含んで400万円近くになりました

任意整理によって確実に借金を返済できました

借入額300万円