自営業者の債務整理は覚悟次第です

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
500万円
借入期間
6年5ヶ月
毎月の返済額
500万円一括返済

仕事仲間の連帯保証人となっていて、突然連帯保証債務を負担することになってしまいました。

サラリーマン時代から付き合いのある仕事仲間が同様に連帯保証人に互いになって商売を始めることにしました。お互い様だからという理由で気心も知れていたので気にしていませんでしたが、連帯保証債務が降り掛かってきたのは突然でした。三井住友銀行からの連絡で、500万円の連帯保証債務をすぐに履行するように求められたのです。本人が行方不明となって既に3ヶ月が経過していました。まずは状況を把握する必要があったので、銀行の担当者に経緯の説明を求めることにしたわけです。貸付を行なう時とは手の平返しで、銀行の対応は冷徹なものだったことを今でも覚えています。

三井住友銀行から連帯保証債務500万円。一括返済を求められていました。

今までのメインバンクに相談した所では、法人化していない自営業だったので、無担保ローンで500万円の貸付は出来ないとアッサリ断られました。商売自体が不審だったわけではないので、保証債務の弁済を求められている事実を説明しても理解が得られませんでした。仕方なく、ノンバンクで借りられる金額を調べてみたものの、せいぜい200万円が限度だったので、既に打開策が無い状態でした。連帯保証債務は突然請求がやってくるものだとこの時に始めて気が付いたわけです。こうと知っていれば、連帯保証債務を引き受けなかったでしょう。

自己破産により免責決定を受けて債務が全額免除になりました。

資金調達方法が見つからず、仕方なく弁護士に相談することにしました。方法としては、小規模個人再生か自己破産の2種類の方法があるものの、小規模個人再生は債権者の消極的同意を得る必要があるので、三井住友銀行に反対されたら即否決されることになります。自営業を継続する上で必要な20万円以上の評価額がある機材を使っていなければ、自己破産をしても商売は続けられることを確認出来たので、自己破産することにしました。取引先の中には、信用問題から取引停止となる可能性があったものの、状況を正直に話すと理解を示してもらえたので取引先を失うことはありませんでした。自己破産の免責決定により、全額債務返済が免除されたので、元の生活が戻ってきて良かったです。

債務整理の中でも自己破産を選んだことで、無事に元の生活が取り戻せました。

到底返済不能な債務をどうすれば良いか分からない状況となった時に、すぐに弁護士に相談出来たことが良い結果を生みました。連帯保証人を引き受けてしまったことは間違いの元ですが、自営業を行なう際には多少なりとも互いの連帯保証人となることは、十分に考えられます。サラリーマンとは異なり、融資を受ける時に担保か連帯保証人を求められることがほとんどだからです。今回は、債権者が1社だったので自己破産を選択しましたが、債権者が多い場合には小規模個人再生を選択出来ていた可能性もあります。債務整理は、弁護士に早めに相談することが解決への近道と実感出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

三井住友銀行の債務整理体験談

商工ローンの債務保証で個人再生をしました/49歳会社員

借入額1500万円

財産分与を行なう際には気を付けたい

借入額360万円

当たり前の生活を取り戻せる、借金整理

借入額5000万円

理想の結婚式を行うためのブライダルローンから借金が増えていきました

借入額300万円

生活再建のつもりが借金地獄に

借入額500万円

海外旅行で病気になり現地の病院に行ったら多額の治療費を請求され借金をすることに。

借入額85万円