相続税対策は親に依頼しておくべきでした

2019.03.15 更新

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
3年8ヶ月
毎月の返済額
12万円

父が亡くなり相続税を支払う必要があり借金。

相続税の支払い方法には、現物納付を行なうことが出来ると当時は知りませんでした。田舎の農地と土地建物を兄弟3人で相続することになりましたが、1人あたり800万円の相続税が課税されることを知った時には青くなりました。農地を売却することも出来ず、市街化調整区域のために宅地への転用も出来ない状況だったので、仕方なく貯金を切り崩しても不足した400万円は借金で賄うことにしました。不動産担保ローンを組もうとしても、土地が共有名義の場合には難しく兄弟の中で担保入れを嫌う人がいたことも原因でした。

プロミス、三洋信販、アコム、スタッフィから各100万円の借金。月々12万円の返済。

今までの生活から突然相続税のために毎月12万円の返済が入ると、重すぎて家計の収支バランスが崩壊することは目に見えて分かりました。父が残した遺産には現金がほとんど含まれておらず、相続放棄をしようかとも考えましたが、現状は難しい状況でした。何とか返済には努めてみたものの、転職でもしない限りは借りては返しての繰り返しとなるだけでしたから、どうにもなりませんでした。最後の手段として、債務整理に着手する道しか残されておらず、相談先と相談内容を考えながら返済をギリギリの生活で行っている状態でした。

小規模個人再生により、返済可能な額まで減額した借金を完済しました。

返済が余りにも苦しくて、弁護士事務所に相談に行くことにしました。状況を全て話すと、小規模個人再生を行なえば債務総額を一気に100万円まで減らせることを知ったのです。毎月の返済額も3万円まで圧縮出来ることから、すぐに小規模個人再生手続きを依頼しました。再生計画案を作成して、裁判所に申し立てることになりましたが、実際に再生委員との面談が行われた時には同情されてしまいました。結果的に毎月12万円だった返済額が一気に3万円にまで減額出来たので、3年間でキッチリと完済に至りました。

債務整理の方法を間違えなければ、救済手段が多く用意されていることを知りました。

債務整理自体は、借金で苦しんでいる人を救済する手段だと何となく意識はあったものの、自分で実際に利用する立場となると最適な方法選びが難しいと知りました。小規模個人再生手続きにより、確かに借金が大幅に圧縮されて返済が楽になりました。個人の持つ資産や借金額から利率に至るまで、様々な要因が複雑に絡み合う状態だったので、相談時期が違っていたら債務整理方法も異なっていたでしょう。債務整理を行なう方法選びは、全ての方法に着手可能な弁護士にしっかりと相談して納得した上で着手することが大切です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

三洋信販の債務整理体験談

債務整理をしての結果

借入額250万円

副業で商売を始めることは難しかった

借入額160万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万

取引期間が長いと任意整理で一気に借金が圧縮出来ました

借入額240万円

賠償金は減額出来ないが過払い金請求は出来ます

借入額140万円