個人再生を続けて2回行なうことに

2017.11.29 更新

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
5年9ヶ月
毎月の返済額
12万円

株式投資に失敗して借金を増やす結果になりました。

手持ちの資金200万円で最初は株式投資を行っていましたが、値動きが鈍いので消費者金融からの借入を行い、600万円分の株式を購入して運用していました。200万円ずつ3銘柄で運用していましたが、ある日突然暴落してしまい手持ち資金から投資していただけなら、お金が目減りしただけで済みましたが、借金して運用していた分はそっくり大損することになってしまったのです。全ての株式を売却しても借入を行った400万円に達しない状況から頭の中はパニックになりました。すぐにそれでも売却すれば良かったものを、保有を続けたことで更に借金が増える結果となってしまったのです。

プロミス、アットローン、レイク、クオークから各100万円の借金。月々12万円の返済。

借金の督促電話がプロミスとクオークから毎日掛かってくるようになりました。勤務先にまで掛かって来たわけですが、なぜか父の勤務先にまで間違い電話を掛けられてしまい、借金が父にバレてしまう状態に陥りました。間違い電話なはずがなく、嫌がらせとすぐに気が付きましたが、父の勤務先への電話がキッカケとなり債務整理に着手することになったのです。相談可能な弁護士を調べる所から開始することになりました。勤務先の近くにある弁護士事務所ならば、会社帰りに立ち寄れることから相談することにしたわけです。

小規模個人再生が否決されたので、給与所得者等再生にて手続きして完済しました。

相談した弁護士の判断では、住宅ローンを払いながら債務整理を行なうならば、滞納している金融会社が半数あるので給与所得者等再生が望ましいというアドバイスを受けました。毎月の支払額が5万円弱になります。債権者からの消極的同意が得られれば小規模個人再生を使えるので、月3万円の支払いで済みます。同じ個人再生手続きでも種類があることに驚きましたが、私の判断で最初に小規模個人再生に挑戦しましたが、見事プロミスとクオークに反対されて否決されたので、給与所得者等再生を行い完済することが出来ました。

早期解決に拘らなかったので、小規模個人再生が否決されたから給与所得者等再生に進めました。

債務整理の相談を弁護士事務所に早くから行っていれば、債務整理の方法として小規模個人再生が利用出来たと考えられます。債務整理により、借金を圧縮して完済出来たことが最も大きなメリットです。債務整理の相談が遅いと、私のように給与所得者等再生を再度申請することになってしまうので、悩んでいるならば身動き取れなくなる前に全ての債務整理方法を行える弁護士に相談すると良いでしょう。実際に相談するタイミングと、資産や借入状況に応じて同じ弁護士に相談してもアドバイスが異なることも珍しく無い事を知っておくと良いです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

レイクの債務整理体験談

大学生で洋服やバッグを買う為にカードを作ったのがきっかけでそこからお金を借りることに対して麻痺していき多重債務することになってしまいました。

借入額総額500万円

【自己破産】5年間で1000万円の借金、会社に内緒のまま借金ゼロに!

借入額1,000万円

債務整理をして生き方が変わりました

借入額200万円

管財人がつきました。

借入額160万円

お金がもらえると思いませんでした。

借入額160万円

借金問題には、一度専門家の先生に相談するのが良いです。

借入額324万円