仕事が激減したことと、母親の病気で多重債務者に

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
6年5ヶ月
毎月の返済額
12万円

内装業の仕事が激減して借金をするようになりました。

私は内装業で一人親方として働いています。当時の月収は20万円から50万円程の収入でした。1つの仕事が終わり、また次の仕事が始まるまでは、休み期間が長くあったりもしますが、報酬が多い仕事もあったので蓄えはありました。ところが不景気で仕事が激減して、月収が12万円前後にまで下がりました。生活費や経費のためにサラ金で借金をするようになります。安易にその場しのぎだと思い作った借金でしたが、毎月の返済は、思っていたより大変で、副業でアルバイトをするなどして毎日働き詰めでした。

アコム、プロミス、アイフル、アプラス、レイクから合計400万円の借金。

私は母親と暮らしていて、生活も援助していました。そして母親が病気になり、入退院を繰り返すようになりました。入院費や治療費も出していたので、借金は100万円から400万円まで増えてしまいました。仕事はなんとか持ち直しましたが、毎月の返済に頭を悩ませていました。返済しては借りての繰り返しでした。そしてとうとう首が回らなくなり、精神的にも追い込まれて、仕事も休みがちになりました。お金が払えず、催促の電話やハガキは止まりませんでした。そして死んでしまいたいと、逃げだしたくなったのです。

借金が0に!自己破産で再起スタートができました。

情けない話ですが、私には彼女がいて「死のうと思っている。」と泣き言を言ったんです。そしたら、彼女は専門家の先生に相談に行こうと背中を押してくれました。弁護士の先生は、物腰が柔らかくて話しやすく、今での経緯や借金状況を全部話せました。そして、自己破産をすることにしました。3か月後に免責が無事に下りて自己破産が成立し、借金を全て0にすることができました。弁護士の先生は、私の今後の生活のアドバイスもしてくれました。自分が自己破産してしまうことに、ショックはありましたが、弁護士の先生や彼女のおかけで整理できたのでありがたく思っています。

借金を作らず、貯金を作ることができました。

自己破産は、恥ずかしいことだと思って引目を感じていました。そういう面持ちだったのを、弁護士の先生が察してくれたのでしょう、「自己破産は恥ずかしいことではなくて、人生の再起スタートへのきっかけになるんですよ。」と言ってくれたんです。泣きそうになるくらいに嬉しくて、それが勇気となり、彼女のためにも毎日仕事を頑張るようになりました。一人で悩まず、誰かに相談することで、解決の道は開けるのだなと感じました。そして、貯金をためることもできるようになり、近々彼女と結婚したいと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

レイクの債務整理体験談

手間が掛からない過払い金請求

借入額90万円

残業が無くなり基本給の低さが響きました

借入額320万円

ストレス発散の為に始めたギャンブルの軍資金のため。

借入額240万円

事業で失敗し、借金地獄生活へ

借入額600万円

弁護士の先生の対応が心強い過払い金請求

借入額80万円

時間差で過払い金返還請求はしても良い

借入額360万円