軽い気持ちで借りたキャッシングが過払いの原因でした

2019.03.13 更新

20代

月収
借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
9年4ヶ月
毎月の返済額
7万円

大学時代に彼女へのプレゼントを買うために借金。

最初の借金は、大学時代の交際相手に誕生日プレゼントを購入するためでした。アルバイトの給料日の4日前で、給料を待っていたら誕生日が過ぎてしまうので、クレジットカードでキャッシングをしたことが始まりです。初回だけにドキドキでしたが、以後の借入に対するハードルを一気に下げてしまう結果となりました。会社に就職してからは、現金決済よりもカード払いが増えてしまい、リボ払いを導入したことで更に状況が悪化してしまったのです。入社から5年経過した時には借金額が200万円に到達していました。

ライフカードから90万円、オリコから110万円の借金。月々7万円の返済。

クレジットカードで生活費を賄いつつ、現金決済のみが通用する場所ではキャッシングを利用して得たお金で支払う状況から抜け出すために、ある時クレジットカードにハサミを入れて使えなくする手段に出ました。荒療治をしないと借金体質から抜け出せないと考えたのです。更に悪いことに、当時借りていた金利すら覚えていない状況だったので、借りては返すを繰り返す原因となっていました。次回更新時にはクレジットカードがまた送られて来てしまうことは明らかですが、それまでは強制的にクレジットカードを使えなくする生活を送っていました。

過払い金返還請求訴訟により、過払い金全額と法定利息5%を加えた金額が戻ってきました。

クレジットカードにハサミを入れる手法により、強引に全ての借金を完済することに成功しました。随時返済を行なう際には、引き落とし額を増額申請することで計画的に返済出来るようにしていました。過払い金返還請求を行なうことにしたのは、インターネット広告を司法書士事務所が出していたので、訴訟前提で考えていたことから弁護士事務所に相談して過払い金返還請求訴訟を提起しました。自分のお金を取り戻す手続きですから、和解前提で動く司法書士よりも訴訟で判決を取る弁護士が適していると考えたからです。ライフカードから42万円、オリコから61万円の過払い金が返還されたので、良かったです。

過払い金返還請求により、予想以上の貯蓄が出来て生活が楽になりました。

インターネット広告やテレビCMで見かける過払い金返還請求ですが、実際には完済してから過払い金返還請求をしても返済途中で行っても返ってくる金額に違いはありません。最も違う点として、金利引き直し計算を行った時に残債がある場合には、任意整理となってしまうので個人信用情報にキズが付きます。残債が無くなったことを確認してから、過払い金返還請求を行なうと個人信用情報には影響がありません。債務整理を行なう際には、状況に応じた最適なタイミングがあることを知っておくと良いでしょう。出来るだけ過払い金返還請求は、完済後に行なえば安全です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

ライフカードの債務整理体験談

過払い金返還請求は全体の様子を見て行なう

借入額180万円

過払い金返還請求は裁判で1年かかりました

借入額210万円

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円

持ち家を売らずに済む方法として給与所得者等再生手続を選びました

借入額260万円

目標を持つことができました。

借入額70万円

保証人になってはいけないと遺言に残したい

借入額7社から約1000万円