債務整理をすることで借金を減らすだけではなく、買い物依存症から脱却することが出来ました

2019.03.15 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
5年6ヶ月
毎月の返済額
約3万円

私は派遣社員として働いています。就活に失敗したため、大学を卒業した後は派遣社員として働き始めました。周りの友達は皆、正社として働くことが出来ています。そのことに対して負い目を感じながら仕事をしていました。将来への不安や焦りからストレスを抱えるようになり、ストレスを買い物をすることで晴らすようになっていったのです。派遣社員なため、給料は手取りで15万円ほどしかありませんでした。買い物をするにしても限界があります。買い物をするためのお金を消費者金融から借りようとしたのが始まりです。

レイクから100万円、モビットから50万円の借金。毎月3万円の返済です。

働き始めたころは給料の範囲内で、節約などをしてやりくりをしていました。しかしお金を借り始めてからは「お金が足りなくなったら借りたらいい」という考えになっていきました。借金を返済しても、またすぐにお金が足りなくなって消費者金融から借りるを繰り返すようになっていたのです。買い物をすることでストレスを発散し、気がつけば買い物依存症になっていました。借金を返すために、別の会社でお金を借りる行為を繰り返し、借金はどんどん膨れ上がっていってしまい途方にくれていたのです。そのような状態になっても買い物をやめることは出来ませんでした。

債務整理をすることで目が覚めました。

任意整理をしたことで、毎月の支払いが3万円から2万円に減らすことが出来ました。そして利息もつかないため、気持ちに余裕が持てるようになったのがよかったです。ずっと支払いが滞っていたので、支払わないことへの罪悪感も正直ありました。ですが、これはやり直すチャンスだと考えることにしたのです。債務整理をしなくてはいけないところまで堕落してしまった自分が、借金と向き合い前向きに生活していくチャンス。買い物依存症になった弱い自分との決別だと思い、毎月しっかりと借金を返済していきたいと思いました。

膨れ上がった借金を、自分の力で返済出来る目処が立ちます。

積み重なった借金をどうしたらいいのか、自分1人で考えても手も足も出ません。ですが、弁護士などの専門家に相談することで、借金の返済の目処を立てることが可能になります。お金を毎月返済していけるか不安だった気持ちも、誰かに相談することで和らげることが出来ました。借金をしていることは身内に話づらいため、1人で抱え込み悩んでいました。ですが、弁護士の方に話すことで、借金の返済額を減らすことが出来るるだけではなく、心に抱えていたモヤモヤとした感情も吐き出すことが出来たためよかったと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

レイクの債務整理体験談

ブランド物のバッグを購入したくて借金を開始してしまいました

借入額140万円

手間が掛からない過払い金請求

借入額90万円

250万円の借金を任意整理で60万円にまで減らせました

借入額250万円

株で失敗をして借金地獄へ

借入額300万円

早めの相談が早期解決に繋がります。

借入額200万円

給与所得者等再生を選ばなければならなかったのは自分のせいです

借入額300万円