任意整理をついに初体験しました

2019.03.25 更新

30代

月収
28万
借入先業者名
借入額
140万円
借入期間
3年6ヶ月
毎月の返済額
3万5千円

浪費癖がなくならず、借金生活になりました。

私は20代前半の頃は、月収45万円ぐらいもらっていました。当時の同級生の中でも給料が良かった覚えがあります。そんなおりに私は結婚をしました。結婚生活の中で月収の45万円は瞬く間に消えていきました。世間知らずだった私は、それが世間様の金銭感覚だと思っていたのです。貯金も少しはしましたが、給料の5パーセントもしませんでしたので、ほとんど貯まっていません。30代前半で会社が倒産し、新しい就職先を探すことにしました。ですが、前の会社以上の条件の所はなく、月収も28万円程度に甘んじるしかなかったのです。その割りには今まで通りの浪費をしていたため、いつの間にか貯金は底をつき、借金生活をすることになったのです。

アイフル、アコム、楽天カード、アプラスから各35万円ずつの借金で、月々の返済は3万5千円でした。

借金をしたての頃は、普通に返済をしていましたので、徐々に借金に対する抵抗がなくなっていったことを覚えています。とにかく浪費癖がありましたので、子供にも最新のゲームを買い与え、自分達も少し高い電気製品などを購入していました。そのうち返済が滞ったため、多重債務気味になったのです。借金をすると、今まで当然に払っていた物を払うことができなくなることがその時分かったのです。子供の中学校の給食費程度は大した額ではありませんでしたので、普通に払っていましたが、返済に追われるようになってからそれすら払えないようになり、その時ようやく自分達のやってきたことを後悔し始めたのです。

過払い金請求で債務が減額したため全額返済ができました。

多重債務になり、支払いができなくなると、どうにもならなくなります。そこで、債務整理をしようと考えたのです。さすがに子供の給食費を支払わない親になってしまった時は、死ぬほど後悔をしました。債務整理をしてみると、弁護士費用は意外と安くて1件当たり着手金が2万円、成功報酬が2万円だったのです。額の少なさにほっとしました。結果的に返済額が3分の2ぐらいまで減少しました。一部過払い金がありましたので、その分も相殺されるため、さらに支払い額が減少したのです。結果的に弁護士にお願いをして良かったと思っています。

びくびくしながら生活をすることがなくなりました。

債務整理後は気持ちが軽くなりました。借金をしている時は、返済に追われて夢も希望もない生活をしていたからです。自分に自信が持てなかったことから、半分鬱病のような感じにもなっていました。ところが債務整理をした後は、そういった恐怖がなくなり、ようやく人間らしく生活をすることができたのです。夫婦仲は良くなりました。お金がないとこんなにも夫婦仲が悪くなるのだと思ったほど荒れていた時期もありましたが、債務整理をきっかけに元通りになって良かったです。また、お金の使い方も考えるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

楽天カードの債務整理体験談

返済の計画を立てられました。

借入額100万円

生活をする為に借金をしました

借入額90万円

株の信用取引をきっかけに多額の借金を背負ってしまいました

借入額350万円

不妊治療で借金をしてしまいました

借入額100万円

クレジットカードを使いすぎて払えなくなりました

借入額180万円

借金苦の生活から抜け出せました

借入額190万円