弁護士に相談してよかったです

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
2年8ヶ月
毎月の返済額
7万円

給料だけでは足りなくて借りてしまいました。

お酒が飲む事が好きだったので、スナックやキャバレーなど通っていたんです。自分では給料の範囲内で遊んでいたつもりだったんですが、毎月給料日前はお金が無くて困っていたんです。ある日ネット広告を見ると消費者金融の広告があったので、作っておけばいざという時に便利だなと、思い作りました。作ってしまうとカードに依存していまい、毎月3万、4万など少しのお金を借りていました。気付くと借金が膨れ上がってました。その後は借金を返済する為に借金をした事もありました。多重債務者に1年間でなってしまいました。

プロミス50、アコム50、レイク50、アイフル50、じぶん銀行10、楽天銀行10の借金。毎月7万返済

滞納する前は返済をする為に、いつも頭を悩ませていました。特にきつかったのは三件目を借りてからですね。三件で4万以上払わないといけなかったので、給料がほとんどなくなってました。生活費が無いので返済したらすぐに限度額まで借りてという事をしていたので、全然借金が減る事が無かったです。滞納してからは督促の電話が毎日かかってきました。職場にも電話された事があったので凄く迷惑でした。口調は丁寧だったんですが、選択肢の無い事を延々と言われるので次第に電話に出ることが苦痛になってきました。

任意整理をしたら毎月の返済額が少し少なくなりました。

最初は自己破産を考えていたんですけど、弁護士に相談をすると色々とデメリットな部分もあったので止めました。ネットで広告を沢山出してる弁護士だったんですけど凄く親切でした。色々な方法を模索してもらえて一番適切な方法が任意整理でした。給料はしっかりと毎月入金されていたので、それに見合うような返済額に交渉してもらえました。弁護士に相談すると督促の電話もかかってこなくなりました。毎月の返済が7万から5万に減っただけなので、そこまで劇的に楽になったわけではなかったんですけど、相談してよかったです。

遅延損害金を払わなくてもいいようになりました

滞納していた時の遅延損害金が免除になったので良かったです。毎月の返済額も少し減ったのでメリットでした。職場にも実家にもばれる事なく手続きが出来たので良かったです。しっかりと密に連絡を取り合ってもらえたので不安感が無かったです。やはり弁護士さんに依頼をすると凄く気持ちが楽になりました。収入と支出をしっかりと考えた生活をするようになったので人、間らしい生活が出来るようになりました。手続きにおいて難しい事は何も無かったのでもう少し早く依頼すれば良かったなと思いました。借金はもう作りたくないと感じました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

楽天銀行の債務整理体験談

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円

毎日の不安感がなくなりました

借入額150万円

保証人になってはいけないと遺言に残したい

借入額7社から約1000万円

生活に困って消費者金融から借金をしてしまいました

借入額100万円