結婚を意識した時に任意整理のつもりが過払い金返還請求に切り替わりました

2019.03.22 更新

20代

月収
借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年11ヶ月
毎月の返済額
8万円

不足したデート費用を確保するために借金。

大学卒業間近になって彼女が出来た時に、デート費用が不足していたことからクレジットカードのキャッシング枠で借金をしたことが始まりでした。入社後も初任給では生活費についての認識が甘い状態だったので、給料日までお金が保たずに借金に頼る生活になってしまいました。借りては返してを繰り返しながら、社会人経験を積むことになったのです。5年後には、借入総額が200万円に到達しており、結婚を意識するとそろそろ返済を真剣に行い結婚資金を貯める必要に迫られていました。完済に至るまでにわずか3年で行ったのは、ボーナス払いで一気に減らしかからです。

ニコスとレイクから各100万円の借金。月々8万円の返済。

最低返済額は6万円でしたが、元金を多めに返済したかったので、設定金額を上げて8万円にしていました。それでも借金額が減りにくかったので、金利の高さを実感することになったと今では考えています。ボーナスを投入して、一気に返済額を上げる方法で完済まで3年以内で到達しました。返済時に行った節約を継続して、結婚資金を捻出しようと考えていました。両親にはあまり期待せずに、自己資金である程度結婚式を開きたかったからです。目標が定まると、目的意識が生まれてマーケティングが正確に行えるようになります。

過払い金返還請求訴訟により、全額過払い金が戻ってきました。

完済に合わせてグレーゾーン金利を禁止する法律の改正があったので、弁護士事務所に過払い金返還請求が出来ないかと相談に行きました。契約書から約款に至るまで、取引履歴が分かりそうなものを一式持参することで、概算をしてもらえました。金利が27%を超えていたので、過払い金が確実に発生している状況でした。完済済みだったこともあり、全取引履歴の開示請求後に金利引き直し計算を行った結果から、過払い金返還請求訴訟を提起しました。満額回答以外では和解するつもりは一ミリも無かったので、ニコスは満額回答による和解で51万円戻り、レイクは判決を得て63万円の過払い金回収を行いました。

思わぬ貯蓄が出来たことで、結婚資金になりました。

返済に向けて家計の支出を見直す細かい努力を継続出来たことは、結婚した後の生活でも生かされています。項目別に予算を組んで配分して使うことに慣れると、無駄使いが一気に減りました。過払い金返還請求をキッカケとして、金利と節約に興味が出てきたのです。人生の転機となった出来事として、債務整理を経験したことは、今後の人生でも冷静な判断力とシビアな判断を求められる機会で発揮されるでしょう。今では毎月の積み立て貯蓄が楽しみとなっている状況です。過払い金返還請求は、完済直後に行なうと明細も全て揃っているために概要を掴みやすくなります。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理で業者との和解交渉にかかる期間はどのくらい?

目次債務整理にかかる期間は?早ければ数日?過払いが発生して…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

クレジットカードで金銭感覚が麻痺!気づけば数十万の借金が!

借入額60万円

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円

借金が現金に化けました。

借入額80万円

債務調査は専門家に任せる必要があります

借入額150万円

訪問販売に引っかかって借金しました。

借入額70万円

生活費や娘の習い事の費用をまかなうために借金

借入額150万円