仕事を辞めたことで生活費に困り、借金をすることになりました。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
10万円

当面の生活費のためにお金を借りました。

私はもともとブラック企業で働いていました。残業をするのは当たり前で、遅いときは終電に乗り遅れることだってあったのです。数年間は我慢して働いていました。今勤めている会社を辞めたところで、再就職先が見つかる保証がないからです。しかし、だんだんと体調が悪くなっていきました。病院へ行ったところ、ストレスからくる疲労だと言われたのです。私は限界を感じ、会社を辞めることにしました。再就職先が見つかるまでの間、貯金を切り崩しながら生活をしていたのですが、貯金が底をついてしまったのです。そこで私は当面の生活費を借りることにしました。

アコム、アイフル、モビット、プロミスから各100万円の借金。

当面の生活費を借りたあと、何度も面接を受けました。何十、何百社と受け続けても合格通知が届くことはありませんでした。再就職が難しいことは覚悟していたのですが、結果は自分が予想していたよりも遥かにシビアだったのです。借金の返済日を迎えるたびに、不安に押しつぶされそうになりました。会社を辞めるべきではなかったのかと、選択を後悔することもあったのです。会社に勤めていたときとはまた別のストレスが、精神を蝕んでいったのです。面接が成功しない限り、借金は増え続けます。いっそ死んでしまおうかと考える日もありました。

債務整理をしたことで、生きる希望を持つことが出来ました。

私は正社員にこだわることを止めました。いつまでも正社員にこだわっていては、借金が増え続けてしまって絶望的です。正社員には縁がなかったのだと諦めることで、多少は楽になれました。そして私は派遣社員として働くようになったのです。しかし働き始めたあとも、多額の借金は手元に残っています。派遣の給料では返済していくことは難しい金額です。せっかく仕事が決まって安堵していたのに、借金があっては不安は消えません。悩んだ私は、任意整理をすることにしたのです。利息をカット出来て尚且つ、自分が返済していける額に調整をしてくれるということで、任意整理を利用することにしました。

心の安定を手にすることが出来ました。

自分では手に負えない程の借金が手元にあると、とにかく不安でたまりません。返済していこうにも限界があります。借りた額を減らさないと利息でどんどん借金は膨らんでいきます。しかし、利息と一部の借金を返すだけで手一杯な状況では、借金を完済することは絶望的なことです。債務整理はその問題を解決してくれるのです。自分1人ではどうしていいのかわからないことでも、専門家に相談をすれば解決策が見つかることもあります。自分1人で抱え込み悩み続けるのであれば、専門家に相談をするといいと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

保証人がある借金を任意整理した時、保証人に与える影響は?

目次保証人付きの借金。任意整理をしたら、返済義務が保証人へ…

任意整理のデメリットはブラックリスト!影響を少なくするには?

目次任意整理のデメリットは1つ!ブラックリストに載ることブ…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

モビットの債務整理体験談

過払い金請求をすれば借金がかなり減る

借入額150万円

恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

借入額150万円

パチンコに給料を使い込み、その穴埋めのために借金をしたのが全てもの始まりでした。

借入額400万円

借金をしてまで、虚栄心を満たそうとしていました。

借入額1350万円

自ら意欲的に支払うことの意味

借入額150万円

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円