怖くない自己破産、借金を帳消しに

2019.02.06 更新

20代

月収
借入先業者名
借入額
500万円
借入期間
1年~4年
毎月の返済額
12万円

夢を追った結果、借金取りに追われることになりました。

高校卒業後、ミュージシャンになるために上京しました。専門学校に通いながら、バイトして生活費を稼ぐ日々です。当時の収入は、週4のバイトで10万、仕送りが5万でした。また、学費は親に援助してもらっていましたが、賃貸アパートの家賃が7万円でギリギリの生活を送っていました。専門学校卒業後、音楽活動を続けるもののなかなか芽が出ず、24歳になると実家からの仕送りも止められてしまいました。そこで、生活費のため消費者金融を利用しました。この時を境に、事ある毎に利用するようになります。

複数の消費者金融からの借金、月の返済が10万越えと取り返しのつかない事態に。

それまでは少ないお金をなんとかやりくりして、ろくに遊ぶことも出来なかったので、ここぞとばかりに豪遊してしまいました。今思えば、なかなか努力が実を結ばないことから、半ば自暴自棄のようになっていたのかもしれません。その結果、複数の消費者金融から借金してまともな返済もしていなかったので、相当な額の借金を負うことになります。その時点では気にも留めていなかったのですが、督促状が届き、取立ての人が自宅に来るようになってからは、さすがにまずいと思いなんとか借金を解消しなければならないと思うようになりました、

弁護士さんの助けもあり、借金が帳消しになりました。

借金生活が続いて心身ともに疲れてしまい、何時までも夢を追っていてはいけないと思いました。実家に帰ろうと考えましたが、借金を負ったまま帰っては、親にも迷惑をかけてしまうのではないかとなかなか踏み切れませんでした。そんな時、同じように借金した経験のあるバンド仲間から任意整理について教えてもらいました。知り合いの法律相談所も紹介してもらったのでさっそく行ってみました。事情を知られるのは恥ずかしくもありましたが、担当していただいた方はまさにプロといった感じで、すごく話しやすかったです。そして、相談した結果、自己破産を勧められました。色々と不安もありましたが、最終的に裁判所に認められ借金をゼロにすることに成功しました。

意外なほど少ないデメリットで、一気に借金地獄から抜け出せました。

自己破産と聞くと、取り返しのつかないような事というイメージがありました。そのため、初めに勧められた時は戸惑いましたが、今では良かったと思っています。私はこれといった資産も持ち合わせていませんでしたし、重い制限がかかるということもありませんでした。当時の収入では返済は絶望的といえる額です。そんな借金を帳消しに出来るなんて、私にとっては正に奇跡的なことでした。また、弁護士の方にはとても親切にしてもらいました。私の場合、弁護士費用などで30万前後かかりましたが、後払いで月に2万円ほどの分割払いを認めてもらいました。当時は支払う余裕がなかったのでとても助かりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

楽天カードの債務整理体験談

浮気の証拠をつかむためにキャッシングをして借金を作ってしまいました

借入額100万円

親切な司法書士先生のおかげで人生を再出発できました

借入額180万円

夫が壊した会社の備品を弁償する為

借入額80万円

家のローンに追われて生活費をのためにキャッシングをしました

借入額150万円

人生観が変わりました

借入額160万円

パチンコにはまり借金をどんどんしてしまいました。

借入額500万円