生活再建のつもりが借金地獄に

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
500万円
借入期間
2年7ヶ月
毎月の返済額
8万円

事業の業績悪化を改善する筈が借金地獄に。

20代の後半から始めた会社は、妻と二人で小規模ながら順風満帆でした。デザイン事務所で当時の年商は夫婦で2,000万円程ありました。賃料が月20万円のマンションに住み、その一角を事務所にしていました。そろそろ自宅兼事務所を新築しようと考えていた時に景気が悪化し、波に飲み込まれてしまいました。毎月150万程度はあった仕事が突然半分近くに減りましたが、自営業には良くある変動です。足りない時には蓄えから補い、すぐに戻るだろうと軽く考えて生活のペースはそのまま変えませんでした。しかし、収入は減少の一途を辿り、気づけば預金が消えたどころか借金だけが増えていました。

オリコ150万円、セゾンカード100万円、三井住友150万円他。月々8万円の返済。

預金をかなり切り崩してからオリコから150万円、セゾンカードから100万円、三井住友から150万円、その他銀行から事業資金という名目で100万円ほど借りました。三井住友のカードローンを始め、カード類はすべて事業の収益が順調だった頃に作っていたものなので比較的限度額の高いものでした。しかし、一時的だろうと考えて使ってみると金利が予想以上に家計に響きました。しかも年収はあっという間に300万円台にまで落ち、想像を超えてしまいました。そこで、返済をまとめられないかと銀行を頼ってみましたが、事業資金としてしか借り入れができず、焼け石に水状態になっただけですぐに返済のすべてが厳しくなったんです。家賃も払うのが苦しい状況になりました。

個人再生で借金を解決!無事に完済できました。

情けない話ですが弁護士費用もままならない事態に陥っていたので、法テラスを利用しました。電話すると無料相談日を教えてくれたので、すがる思いで行ってみました。すべての借り入れと返済状況、そして収入を見てもらった結果、借り入れ総額から始めは自己破産をすすめられました。できるだけ裁判所を通す手段は避けたかったのですが、仕方ありません。リボ払いなど利用して8万円に抑えていた返済をさらに半分の4万円にすることができました。その他、法テラスへの弁護士費用が分割で月5,000円です。家賃も半額程の所に引越し生活費をスリムに抑え、妻もバイトをしてくれて、どうにか完済できました。

ひとまず最悪の事態は脱しました。落ち着いて事業と生活再建ができました。

ずっと順風満帆で来ていたので、生活水準を落とすことができなかった自分達を反省しています。もちろん、当時は預金もしっかりできていましたが、収入が落ちた時の認識は非常に甘かったと感じました。ただ一つ良かったと思えるのは自宅を購入する前であったことです。タイミングがずれていたら、今頃は新築したばかりの家を手放す結果になっていたでしょうし、さらにみじめな気持ちになっていたと思います。この経験を元に、本当に必要なことや不要なことについて考えて行動できるようになりました。弁護士を通すことは法に守られることなので、大きな安心感の元で本当の生活再建を図ることができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

三井住友銀行の債務整理体験談

財産分与で揉めて慰謝料を支払う羽目に

借入額390万円

夫に内緒で、ブランド品や美容品が欲しくて借金を

借入額140万円

周りに見栄を張って散財。クレジットカードを限度額まで使い借金苦に。

借入額200万円

毎月8万円も返済が任意整理で3万円以下に減りました

借入額350万円

つらかった返済が終わりました。

借入額110万円

ホストクラブにはまり借金。気づいた頃には借金苦に。

借入額300万円