家を守ることができました

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
1620万円
借入期間
7年強
毎月の返済額
12万円

マイホームを建ててローンの返済をしているときに、ケガで仕事を休まなければならなくなりました。当時はローンをぎりぎりで支払っていましたので、休業中の手当てだけでは生活ができず、消費者金融から生活費として借り入れをしました。復帰できるまでの数か月で借入額がかさみ、当時は金利が高かったこともあって、復帰後に返済してもなかなか減りませんでした。借りては返すを繰り返し、借金は減るどころか限度額いっぱいまでどんどん増えていき、これ以上支払いができないというところまで膨らんでしまいました。

住宅金融支援機構から1500万円、消費者金融4社から各30万円、毎月計12万円の返済

住宅ローンだけの時は何とか生活できていたものの、消費者金融からの借金が始まってからは収入よりも常に支出が上回る状態です。家庭内での会話が減り、お金のことばかり考えるようになり、家族や子どもにもずいぶん我慢ばかりさせてきました。滞納3か月目からは電話や郵便による督促が激しくなり、最終的には何度も一括請求をされています。この頃には借金をすることに対して感覚がマヒしており、返済のために追加で借り入れをすることを何とも思わなくなっていました。とにかく家を手放したくないという気持ちだけでした。

住宅を守りながら借金を減らせました。

どこからも借金ができなくなったのを機に、司法書士に債務整理の相談をしたところ、個人再生を勧められました。複雑な手続きなのでそのまま依頼したところ、住宅ローンはそのまま、消費者金融は引き直しと手続きのおかげで各社10万円程度まで減額でき、毎月の返済額は8万円に減額されています。マイホームを守ることができ、返済額が大幅に減ったため、今後は借り入れをしなくても生活していけるめどが立ちました。3年の返済計画なので、3年後は月7万円弱まで支払額が減り、さらに負担が軽くなる予定です。

借金に対する気持ちが変わりました。

毎月の支払いが減ったので負担が減っただけでなく、債務整理をしたことで新たな借り入れができなくなり、自分の収入だけで生活するという意識が持てたのは良かったです。家計について家族と話し合う重要性、家計簿の必要性なども認識できました。また、いざというときのために保険に加入しておくこと、多少の減菌は手元に残しておくことなど、借金をしないためのコツも習得できたと思います。マイホームを失わずに借金を減らせる方法があるとは知りませんでしたが、破産よりも失うものも少なく、よかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

任意整理後に借金が払えないとどうなる?滞納した時の対処法

目次借金を滞納(延滞)すると和解内容は無効になる和解内容が…

レイクの債務整理体験談

友人を助けるために借金をしました

借入額200万円

債務整理を行ったら安心できる生活がもどりました

借入額210万円

生活費の為にお金を借りたら借金地獄に突入しました。

借入額350万円

デザイナーの仕事は会社の看板で貰っていた事実を知らなかった

借入額320万円

息子夫婦から同居を解消されたので、生活費の為に借金。

借入額300万円

複数の消費者金融に借金をして返済不能に陥ってしまいました

借入額320万円