見栄を張った生活は破滅への近道でした

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
7年9ヶ月
毎月の返済額
11万円

出世に伴い付き合いが増えて借金する羽目に。

新卒で入社した勤務先では、出世コースと一般職員に選別がされて行く方式が採られていました。給料と地位を上げるためには、何としても出世コースに入る必要があり、上司との交友関係を築いておく必要があったのです。しかし、昇進するほどに家柄が重視される傾向が増して行くことに気が付きました。なぜなら、給料だけでは飲食や遊びの費用がどう見ても不足することが分かってきたからです。実家がそれなりの金持ちで株主としての収入など、副収入を持っている人が多いことを後で知ったわけですが、既に借金をしてまで交友関係を築いていたので後戻りは難しい状況にありました。

プロミス、レイク、シンキ、スタッフィから各90万円の借金。月々11万円の返済。

学生時代には1食1000円以内に抑えることが普通でしたが、夕食で連日5000円程度使ってしまっては給料では賄いきれないことが明らかです。何度も誘いを断ると付き合いが悪いと言われてしまうので、仕方なく交友関係を維持するための支出としていました。クレジットカード決済を行なう際には、各自ゴールドやプラチナカードを持っていたので、同じくゴールドカードを維持することも大変でした。早々に交友関係を整理していれば、借金まみれとなることが無かったはずにも関わらず、見栄からどうしても辞められなかったのです。

小規模個人再生により借金返済が行える環境になりました。

クレジットカードの支払いが追いつかなくなったことで、部署移動を願い出て出世コースから外れることになりました。給料面も多少下がってしまうので、すぐに弁護士に相談して債務整理を行なうことにしたのです。状況から判断すると、任意整理では返済額が大して変わらないので、小規模個人再生により借金額を一気に100万円まで圧縮してしまう方法が適していると判断されました。申し立てを行い、再生計画案が承認されたことで支払額が毎月11万円から3万円に一気に減ったことで、借金に頼らない生活を取り戻すことが出来るようになりました。

小規模個人再生により人生を見つめ直すキッカケを与えられました。

小規模個人再生手続きを行なう際に、家計簿を付けたことで生活感を身につけることが出来て良かったと考えています。給料の額に合わせた身の丈に合った生活を行なうことは、何よりも無理をせずに済むことに繋がるからです。借金をする理由は様々あるとしても、無理をする結果や身の丈に合わない生活を追い求めるからこそ、返済不能に陥る原因だと分かりました。家計には収入と支出のバランスを常に取らないと油断した時に、支出過多となってしまうことを今まで知りませんでした。どんぶり勘定で生活することは止めようと決意するキッカケとなって良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

レイクの債務整理体験談

ホストクラブにはまり、貢ぎ続けた先にあったもの

借入額650万円

自ら意欲的に支払うことの意味

借入額150万円

父親の借金を相続しました。

借入額450万円

ネットショッピングにはまって借金を重ねていたけれど債務整理で悩みが無くなりました

借入額130万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

家族の借金を肩代わりすることは本来は避けたい

借入額400万円