任意整理をしたことで過払い金20万円が手に入りました

2019.03.22 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
10年4ヶ月
毎月の返済額
約6万円

当時、月の手取り15万円前後のフリーターだったのですがギャンブルと浪費がきっかけで借金地獄に。

何とか地方の二流私大を卒業したものの、当時は超氷河期ということもあり就職先は一社も見つからず、フリーター生活を余儀なくされるようになりました。再び実家暮らしとなり、収入の全てを自分のためだけに使えたので手取り15万円程度でもかなり生活にゆとりを持てました。ですが、何年も上手く行かない就職活動に嫌気が差していた私は何かと浪費をするようになり、今まで手を出したことが無かった競馬やパチンコなどのギャンブルにものめり込むようになってしまった次第です。最初のクレジットカードが一杯になると、次は消費者金融といった具合に次々と借金を重ね、気づけば総借入額は200万円に及んでいました。

セゾンカードから100万円、アイフルとアコムから各50万円。毎月約6万円の返済。

家賃や食費の心配がない実家暮らしという立場に甘え、低収入なフリーターにも拘わらず浪費を重ね、更にギャンブルにものめり込む生活を続けた結果、あっという間に多重債務に陥り200万円の借金を抱えてしまった私は、その返済ばかり考えるようになりました。当時の利息は現在の2倍近くもあったため、利息支払いだけで約6万円。当初は少しでも元金を減らす努力をしていたのですが、それも長続きせず滞納しないことだけを考える毎日。そんな生活はストレスが貯まるばかりで、それを解消するための浪費とギャンブルをまたやってしまうという悪循環に陥ってしまいました。そんな死んだような生活を10年以上続けていたのですが、うっかり返済を忘れてしまったアイフルから督促状が届いてしまい、ついに借金の存在が親にバレてしまいました。

任意整理で借金は帳消しになり過払い金20万円を入手。もっと早く弁護士に相談していればと後悔しました。

長年実家にお金を入れてこなかった私を助ける意思は親には無く、全部自分で解決するようにと突き放されました。消費者金融の請求に応じていきなり全額完済など出来ない私は困り果て、何とかならないか近所のネットカフェで調べたところ過払い請求無料相談の広告バナーを発見。思い当たる節があった私は、早速その弁護士事務所に相談することにしました。弁護士先生曰く、グレーゾーン金利で払っている時期が相当長いので、借金は帳消しになる可能性が高いとのこと。結果は期待以上で、弁護士事務所に支払う報酬を差し引いても手元に過払い金20万円が残りました。

利息支払いのことばかり考える生活から脱却し、人生に前向きになれました。

現在の正しい金利で計算しなおすと、すでに現在の借金は綺麗に無くなっているという事実は、毎月の利息をどうすれば良いのかばかり考えていた私にとって大きな衝撃でした。相談した当初は多少借金を減らせればラッキー程度に思っていたので本当に感動しました。いきなり借金地獄から完全に解放された際は戸惑ってしまう程でしたが、すぐ晴れ晴れとした気持ちで一杯になりましたし、今までの1歩も前に進められない10年間がいかに異常だったのか思い知った次第です。借金生活によるストレスが無くなったことで浪費癖やギャンブル熱もすっかり収まりましたし、現在は何とか定職を見つけて堅実に暮らしています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

セゾンカードの債務整理体験談

ショッピングのためにキャッシングを利用したら、気づいた時には借金に追われる生活になっていました。

借入額180万円

キャバクラ通いが原因で多重債務者に

借入額120万円

4社からの多重債務を任意整理で解決した体験談

借入額150万円

債務整理をしたら借金がなくなりました

借入額120万円

頼まれると断れない性格が災いし、兄妹にお金を貸すため借金をしたら、自分が借金で苦しい生活を送る羽目になってしまいました。

借入額190万円

クレジットカードやカードローンの返済が出来ない!会社を辞めさせられた私が選んだ道は任意整理でした

借入額250万円