返済を助けてくれる道は必ずあります

2019.03.22 更新

OL

借入先業者名
借入額
ほぼ500万円
借入期間
約10年間
毎月の返済額
最終的に約25万円

安定した収入があり、年に2回のボーナスももらっていました。学生の時は周りに裕福な家庭の大学生がいっぱいいて背伸びをしていました。社会人になってからなおさら背伸びが進み、化粧品や洋服はカード払いでボーナス払いもしていました。旅行や冬のスキーにも毎週末に行くような今では信じられない生活です。その頃はカード会社から増枠を勧める電話がたびたび来ていて、その都度増枠の話に乗っていました。当たり前ですがだんだん増えるカードの支払いや光熱費の支払いが苦しくなり、カードキャッシングを利用するようになりました。最初はドキドキでしたが、思ったより簡単にお金が借りられると借金と言う感覚ではなく、自分のお金のような感覚で使ってしまいました。

返済がだんだんきつくなり、結局借金の会社が増えて金額も膨らみました。

一番多い金額を借りていたジャックスの返済が滞り、他の会社も滞納が始まるともう火の車でした。借金の返済のめどが立たない状況で職場を変えることになり、収入がかなり少なくなりました。ボーナスで何とか埋め合わせが出来ていたのにそのボーナスの金額も半分になりとても辛かったです。家賃が払えなくなったこともありました。滞納が続き自宅や携帯電話への返済要求の電話が連日のようになり、会社への電話も増えてしまって生きた心地がしませんでした。ここまで来るともう、私にお金を貸してくれる会社はありません。ヤミ金に手を出そうかと本気で考えたこともありましたが、今以上に辛くなることがわかったので踏みとどまりました。

債務整理で借金の金額が150万円くらい減りました。

任意整理をしてもらって先ずは、返済要求の電話が完全に来なくなった事でホッとしました。連日のように職場や携帯にかかって来ていた返済要求の電話は本当にピッタリ来なくなったので、しばらく日にちがかかりましたが電話の音が怖くなくなりました。毎月の金額は最初は月17万円くらいに減り、無理をしたら払える金額になりました。給料の中から毎月の返済金額・光熱費・通信費を引くとすでに赤字でどうにもならない生活だったのが、給料の中でやりくりができるようになったのも任意整理をした結果だと思います。

債務整理の1番のメリットは、返済金額が減ることです。

債務整理をする前には借りたお金の金額が少なくなることは考えられませんでした。しかし任意整理の手続きをするといくらか少なくなります。金銭感覚が正しくないのでこういう事になるのですが、担当の人がきちんと計算をして先の事を考えて返済計画をたててくれました。こうしてだんだん返済金額が少なくなて楽になる方法のお蔭で完済できました。お金の使い方や考え方をいろいろ教えてもらうことが出来たのもメリットとして大きいです。家族や友達に知られたくなかったのですが、知られずに手続きができたことも安心でした。借金だらけの生活の時よりも、次第に心にゆとりがもてるようになったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

レイクの債務整理体験談

過払い金請求で借金を全額返済

借入額250万円

リスクのない借金解決なら過払い金請求

借入額230万円

一戸建て購入後に思いもかけないリストラ

借入額120万円

債務整理をすれば、借金は確実に返せます

借入額240万円

大学生で洋服やバッグを買う為にカードを作ったのがきっかけでそこからお金を借りることに対して麻痺していき多重債務することになってしまいました。

借入額総額500万円

病気が切っ掛けで借金することに、返済に困った私が最終的に行ったのは任意整理でした

借入額280万円