歴史にはまって生活費を使い果たしキャッシングしたことが始まりでした

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
3年5か月
毎月の返済額
5万円

歴史にはまって生活費を使い果たし、補てんのためにキャッシングをしたのがはじまりでした。

歴史好きな恋人ができて、一緒に学んでいるうちに自分自身がどっぷりと嵌ってしまいました。そして歴史上の人物に所縁のある地域をめぐるようにして、デートを楽しんでいましたが、移動の交通費や宿泊費にかなりお金を使うようになりました。最初は使える範囲内で遊んでいましたが、気付くと生活費を使ってしまうようになっていました。一人暮らしをしているので家賃や光熱費、通信費といった必要な支払いが生じて、仕方がなくキャッシングをして補てんをして、これがすべてのはじまりとなってしまいました。

イオンカード50万円、セゾンカード50万円、セディナ20万円。返済は月々5万円

生活費を遊行に使ってしまい、必要な支払いのためにキャッシングをしましたが、これが間違いのもとでした。一度行うと次もできるという甘い考えが生まれてしまって、仕事のストレス解消も含めて欲望を止めることができなくなってしまいました。遊ぶのは当たり前ですがとても楽しいことで、ただ借金の返済がはじまってからは、常に将来に対する不安を感じるようになりました。旅行に行っても心の底から楽しめなく、毎月の借金返済が近づくと苛立ってきて、また少ない給料からさらに返済分が引かれて生活に困窮するようになりました。

個人再生が通って総額が減って完済が見えてきました

一年近く返済を続けても、調べてみるとほとんど元金が減っていなく、どうしようと悩むようになりました。毎月の返済額が少ないのが問題ですが、これ以上増やすと生活が成り立たなくなってしまい、自分でもわけがわからなくなりました。そこで無料の弁護士相談があると聞いて、恥ずかしかったですが行って話をして、債務整理について教えてもらいました。いくつかの方法があって、それぞれにメリットとデメリットがあることが分かり、債務整理をお願いしました。無事に可決されて、借金の額が減って完済しやすくなりました。

今の快楽ではなく先を見据えて行動できるようになりました

弁護士さんと債務整理について話して、この時になぜ借金をしたのか、増やしたのかを尋ねられました。事情を説明をしているうちに、自分が今の快楽に流されてきたこと、将来を見ないふりをしてきたと実感しました。自分がこのままでは個人再生で借金を返済しても同じことを繰り返してしまう、そういった危機感をはじめて覚えました。そこで自分自身の快楽に流される性格を改善しようと、本を読んだり、ネットで情報集をしたりして、自制することを覚えていきました。その結果、今の快楽ではなく将来を考えてお金を使うことを学びました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

債務整理をする前に!おすすめの無料相談先や失敗しない選び方を解説

目次弁護士と司法書士だけじゃない!債務整理の相談先を紹介弁…

債務整理で口座凍結?銀行カードローンで注意すべきポイント

目次任意整理をすると銀行口座が凍結されることも……任意整理の…

セディナの債務整理体験談

やり直す事が出来ました

借入額280万

友達から名前を貸して欲しい、迷惑はかけないと頼まれたのがきっかけでした。

借入額350万円

プロが話を進めてくれました。

借入額80万円

収入が少なくて生活費のために借りました。

借入額60万円

兼業農家だったので個人再生手続きが出来ました

借入額400万円

地方への転勤を機にキャッシングを利用、金銭感覚の欠落により自己破産

借入額300万円