浪費癖がなくならず債務整理した悲惨な体験談

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
5万円

浪費癖が直らず、ついに不本意ながら借金生活になりました。

わたしは、かつて親の会社で働いていました。給料は月に40万円ほど、ボーナスはありませんが、満足できる金額でした。その時に結婚をして給料のほとんどを二人で贅沢品に使っていたのです。今から考えればなんという愚かな生活だったでしょうか。話すのも恥ずかしいくらいです。結婚してから5年目までは毎月40万円以上ももらう生活をしていましたが、徐々に会社が傾き始めたのです。やがて給料は下がり始めました。7年目には、親の会社が倒産します。その後転職をしますが、月の給料は13万円も下がったのですが、相変わらず浪費癖は直らず、とうとう借金をすることになったのです。

アイフル、アコム、アプラス、プロミスからそれぞれ50万円の借金、月の返済は5万円です。

借金をする前は、借金をすることで生活が圧迫するに違いないと恐れていたため、おそるおそる借りましたが、1度目の借金で完済することができた時に、これは簡単だと高をくくるようになったのです。その油断が私たちにとっての大きな敗因だったのです。しかし、その時点でそんなことを知る由はありません。とにかく欲しいものを我先に買いたいという気持ちばかりが先走り、お金がないときに何度が借金をするようになったのです。まるでブレーキの壊れた車のように制御のしようがありませんでした。ただ、冷静に考えればかなり危険なことをしていたのです。それに気がつくことになったのは延滞後でした。

毎月の返済額が大幅に縮小しました。

返済をすることができず、債権者から電話や手紙などが家にきたため、もうダメだと思い、知り合いにお願いをして弁護士を紹介してもらうことになりました。ただ、当初は抵抗があったのです。私は弁護士なんてテレビドラマのサスペンス劇場ぐらいでしか見たことがありませんでしたので、ドキドキでした。ですが、意外と普通の人で、こちらの要望も聞いてもらえました。債務整理をした結果、最終的に72万円の支払いがなくなって助かりました。まさかそんなに減るとは思わなかったのです。弁護士は、俎上の鯉だった私たちを海に帰してくれた恩人のような人です

自分達のお金の使い方をもう一度よく考えるきっかけになりました。

債務整理をしたことで、借金が減ってようやく人間らしく生きられるようになったのはとても大きなメリットでした。何気ない今までの生活も、夢と希望に生きていたことが分かったのです。借金生活をすると、キャンバスに黒い絵の具を塗りたくったように真っ暗闇になって、先のことは見えなくなりますが、債務整理のおかげで真っ暗闇の迷路の先にようやく明るい光が見えてきた感じです。それとともに、今までの浪費癖を直して無駄使いをしない生活をしようと思いました。お金は身を助けますが、使い方が悪いとあっという間に身を滅ぼすことも体験できたのは貴重でした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

プロミスの債務整理体験談

クレジットカードの返済のため消費者金融から借りてはならない

借入額180万円

大学の授業料の支払いに困って借金に頼ってしまいました

借入額120万円

取引のなくなっていたところから過払い金を取り戻せました。

借入額120万円

保証債務を負担するために行った借金が重くのしかかりました

借入額250万円

お金持ちの生活にあこがれて、欲しいものを何でも買った。

借入額350万円

生活費に当てるつもりで借りました。

借入額180万円