さまざまな気づきがあった債務整理体験談

2019.03.15 更新

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
2万8千円

競馬で負けて借金生活に突入しました。収入は毎月の給料だけです。

ギャンブルは身を滅ぼすからやめておけと、何度となく人から言われていました。ギャンブルにはまっているときは、頭が空っぽになりギャンブル以外に考えられなくなります。特に、今回は勝てそうだと思った競馬はかなりのお金をつぎ込んでしまう癖があります。過去に大当たりを経験したことがあり、その体験が未だに脳みそを強烈に刺激するするのです。ですが、それ以降は勝てていません。持ち金も使い果たした後、給料日まで待てずに、これは勝てるかもしれないというレースに消費者金融からお金を借りて挑みましたが、無残にも敗北しました。これが私の借金生活のスタートになります。

ニコス、アプラス、セゾンカード、アイフルからそれぞれ30万円、合計120万円借りました。

借金をしてからは、誰かに追われる夢ばかり見るようになりました。がばっと目を覚ましても、そこには借金をしている自分がいることに気がつき、愕然としてしまいます。夢の続きを現実の世界でも見ているようなおかしな感覚が続いたのです。私がおろかだったところは、ギャンブルに負けて借金をしたのに、ギャンブルで借金の分を取り返そうとして、さらに借金は膨らみ、結局4社からも借入れをする始末でした。途中まで借金をするとどうにでもなってしまえと投げやりな考え方が頭をよぎりましたが、延滞金の葉書や催促の電話が来ると、ふと我に返り、悲壮感が漂っていたのです。

過払い金請求ができて、借金が減額しました。

毎月の返済をしていた部分が、過払い金になっていたということを担当の弁護士から聞きました。よくテレビのコマーシャルでやっている過払い金がまさか自分にも関係があるとは思わず、寝耳に水状態でした。過払い金はすべて戻ってくるか分からないが、できるだけ努力をすると弁護士は話していたので、期待しないで待っていたところ、10万円以上の過払い金が戻って来たのです。それと同時に、任意整理も行い、借金の減額をすることができたのです。過払い金請求の分と任意整理で40万円近くの債務が消えたことになったのです。

債権者からの催促がなくなっただけでなく、完済できたため、生活に余裕ができました。

過払い金請求は、たまたま自分に関係ありましたので、弁護士に相談をしておいて良かったです。また、任意整理も弁護士に相談したことで、かなり負担が減ったので毎日の暮らしに余裕ができました。それだけでなく、驚いたことに弁護士に相談をして弁護士が動き出した後、債権者からの通知や電話などは一切無くなりました。弁護士に後光が差しているように見えたのは、錯覚ではなかったと思っています。それ以降は暮らしに余裕ができ、2年後にはすべてを返済することができました。さすがにギャンブルはもう辞めましたね。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

クレジットカードで金銭感覚が麻痺!気づけば数十万の借金が!

借入額60万円

実家暮らしは甘い生活でした

借入額360万円

約10年間の借金。過払い金請求でお金が戻りました。

借入額125万円

緊急の借金で助かったものの法外な金利だったと後で知りました

借入額180万円

失業後に仕事が無い状況は精神的にも辛かった

借入額320万円

借金が現金に化けました。

借入額80万円