友達に貸したお金が戻らないため借金地獄に

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
90万円
借入期間
5か月
毎月の返済額
4万円

友達に頼まれて150万円を貸した事で、自分の生活費が不足してしまい借金をしたのが始まりです。

預金の100万円と消費者金融から50万円を借りて、合計150万円を友達に貸しました。貸したお金は1ヵ月以内に返してくれると言っていました。貸した相手は仲が良い友人なので口約束で貸したのですが、連絡が来なかったのでこちらから電話をしたところ、この電話は現在使われておりませんと言うアナウンスを聞いて騙された事を知りました。以降は音信不通の状態になり、借金だけが残る事になりました。当時の収入は約30万円、住宅ローンの支払いもあり生活はかなりギリギリの状態で、追加の融資を受けるために別の消費者金融からお金を借りて借金地獄に陥ってしまいました。

アコムから50万円、エイワから40万円の借金で、月々の返済額の合計は4万円です。

住宅ローンを利用してマイホーム購入を行っていたため、住宅ローンの支払いもあり、友人に貸すためのアコムから50万円を借りた事で借金が大きくなりました。生活費が足りなくなったために、エイワから40万円を借金しました。滞納はした事はありませんでしたが、収入の大半は返済で消えてしまい、生活費が不足していたので住宅の売却も考えた事もありました。また、預金していた100万円も友人に貸してしまったので、余裕が全くなくなってしまい、家族からの信頼も失ってしまい、借金まみれの状況に陥る事になりました。

弁護士に相談をした時に、同じような事件を幾つも解決したという話を聞いて安心出来ました。

友人に貸した150万円が戻る事はありませんでしたが、任意整理を行った事で、アコムとエイワの返済額が4万円から2万円に減りました。住宅ローンの支払いがあるので、債務整理を行ったのは消費者金融の2社のみで、マイホームを手放さずに債務整理をする事が出来た事は良かったと感じています。借金返済が困難な状況、生活費も工面出来ない状況の中で家族からの信頼が無くなりましたが、任意整理により借金額が減る事で家庭環境が少しずつ昔のような状況に戻って来るようになるなど、借金問題と家庭問題の2つを解決する事が出来たと感じています。

給料を返済以外にも利用する事が出来るようになりました。

借金を抱える前は月々の収入の一部を貯金して、ある程度まとまった段階で住宅ローンの繰り上げ返済を行う事が出来たのですが、借金をした事で預金に回せる余裕もなくなり、家族からの信頼もなくなりました。任意整理によりアコムとエイワへの支払い額が半分になり、生活も多少の余裕が出て来た、そして収入の一部を貯金に回せるようになりました。家族からの信頼も少しずつ元の状態に戻った事も債務整理を行ったメリットの一つです。お金を貸す時には借用書を作る事が大切と言った弁護士からのアドバイスを受ける事が出来たのも債務整理を行って良かった事の一つと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

アコムの債務整理体験談

弁護士に相談してよかったです

借入額220万円

仕事で美容にお金をかけすぎて借金生活へ

借入額190万円

生活レベルが上がり、日用品を買うのにも借金をしました。

借入額300万円

入院費用を捻出するために借金生活へ

借入額290万円

返済の計画を立てられました。

借入額100万円

給与所得者等再生は金額が大きい/37歳会社員

借入額260万円