私の苦しかった任意整理の体験談とは

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年8ヶ月
毎月の返済額
5万円

パチンコで負けが続いて貯金が尽き、とうとう借金をすることになりました。

私はギャンブル好きだった一人です。ギャンブルは20歳の時に友達から教えてもらって以来はまっていました。30代になるまでギャンブルをし続けて貯金はほとんどありませんでした。あっても10万円ほどです。ある日、パチンコで大当たりをしたのです。そこからギャンブル熱はピークになり、私の気持ちはレッドゾーンに突入しました。ですが、確率的に考えても負けることが多く、結果だけ見ると大負けでした。それにもかかわらず、あの日の刺激を味わいたいわくわく感を胸に負けをパチンコで取り戻そうとパチンコをし続けて、とうとう消費者金融に手を出してしまいました。

アイフル、プロミス、アコム、レイクから各50万円の合計200万円です。返済は毎月5万円です。

借金をする時は、何か入っては行けないゾーンに入るようで抵抗があります。自分の背丈よりも高い壁を乗り越えて、まだ見ぬ壁の向こう側に進んでいくような感じです。ですが、1度お金を借りたら最後、簡単に返すことができることがわかると、壁の高さはまたいでも行けるぐらい小さくなります。やがて借入れ額が大きくなり、その割りにはギャンブルで負け続けるので、借金は増えるばかりでした。生活が徐々に荒んでいきます。1社だけの借入れならなんとかなったかもしれません。ですが、私は4社からそれぞれ限度額まで借り入れてしまい、気がついた時には200万円ほどの借金になり、借入れ額を計算したときには顔面蒼白で、それ以降は食べ物が食べられなくなりました。

借金の減額により生活が楽になりました。相談して正解でした。

このまま返済する当てもない借金を続けることは良くないと思い、友人に相談をしたところ、弁護士を紹介してくれるということでしたので、お願いしました。私は法律に詳しくはありませんが、任意整理という物をすれば、借金が減額できるということでしたので、藁にもすがる思いでお願いしたのです。結果的に借金の減額は成功しました。200万円あった借金も半分になり、何か魔法を使って減らしてもらったような感じです。そのおかげで、毎月返済することが現実的になり、最終的には完済することができました。

ようやく返済の恐怖から解放され、拒食症も治り始めました。

債務整理をしたことで、今まで持っていた借金を返済することができました。それにより、今まで拒食症気味で体調不良が続いていたのが、ぴたっと治りました。そもそもの原因は、私が借金をしたことでした。ギャンブルにはまってしまったことで自分を追い込んだわけですので、それ以降はギャンブルを辞めようと思ったのです。現在では全くギャンブルをしておらず、お金を貯めることができるようになりました。これも、債務整理をしたことがきっかけになっています。いずれにしても、ようやく人間らしい生活ができたことが大きなメリットではないでしょうか。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

レイクの債務整理体験談

お金がもらえると思いませんでした。

借入額160万円

債務整理による個人再生で、多額の借金が返済可能に!

借入額300万円

離婚時に慰謝料は名目として使われます

借入額140万円

メリットしかない過払い金請求

借入額170万円

借金で買い集めた大量のフィギュア

借入額160万円

典型的なギャンブル依存症で多重債務者に。

借入額400万円