ちょっとした油断が招いた私の債務整理体験談

2019.03.25 更新

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
4年1ヶ月
毎月の返済額
4万円

浪費癖がきっかけで消費者金融に駆け込み、借金をするようになりました。

私たち夫婦は、もともとそれなりの収入を持っていましたが、私が会社をリストラされてから収入がかなり減少しました。運良く介護職に就職することができましたが、それまでとは月収10万円以上も下がってしまったのです。私たちが愚かだったのは、それにもかかわらず生活レベルを下げなかったことです。自分たちの現状を認めたくなかったのかもしれません。高い洋服を購入したり、電化製品にお金をかけることで満足感を得ていました。ある日、どうしても欲しい電化製品があり、手持ちのお金がなかったため軽い気持ちでキャッシングをしたのです。それが借金生活の始まりでした。

アプラス、プロミス、セディナカード、アイフルからそれぞれ40万円、月々4万円の返済額です。

最初の借金はわずか1万円でしたが、頭に乗ってどんどんと借りるようになってからは100万円まで膨らみました。冷静に考えると返済する能力がなかったわけではありませんが、浪費癖が仇になり、生活費を稼ぐことと毎月の返済だけでいっぱいいっぱいだったのです。二回目の滞納した時は、自宅まで債権者から電話買ってくるようになり、返済ができない言い訳をする自分がとても嫌でした。徐々に、自分たちの生活も荒んでいったのです。借金が増えると、寝ている時も誰かに追いかけられているような感覚に陥ってしまいます。

債務整理により、借金の減額に成功し、全額返済できました。

自分達では借金問題を解決することができなかったため、会社の人から弁護士を紹介してもらい任意整理をすることになりました。その結果、借金が大幅に減額すると言うことでした。その話を聞いたとき、にわかには信じ難かったのですが、弁護士が債権者に連絡をすることで、債務額を1部減少することができると言うことを信じて弁護士にお願いをしました。驚いたことに、債務額が4割ほど減少したのです。それだけでもありがたかったのですが、それに加え債権者からの電話や手紙などがぴたっと止まったのです。

生活に余裕ができて、夫婦間の笑顔も増えました。

任意整理をしたおかげで、精神的な負担が減少し、毎日の暮らしに喜びを感じることができりはようになったのは言うまでもありません。私が生活の中で1番変わったと思うことは、夫婦喧嘩をすることがなくなったことです。今までお金のことを話すたびに夫婦喧嘩になっていたのです。それが原因で何日も口をきかないことがありました。ですが、債務整理によってすさんだ生活が一切なくなったと同時に、お金の大切さを思い知るきっかけになったのです。それ以降は、浪費癖をなくすことをに対して努力し、貯金をすることができるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイン…

任意整理後でも教育ローンや奨学金の利用の審査は通る?

目次任意整理で信用情報機関に登録されると、国や民間の教育ロ…

プロミスの債務整理体験談

借金で困っているなら、すぐにでも専門家に相談してください

借入額130万円

自分が経営してい雑貨屋の売上が落ちて資金が足らなくて借金をしました

借入額280万円

病気により入院費と治療費がかかり借金をするようになりました

借入額340万円

治療費の支払いでキャッシングを利用しました

借入額150万円

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円

クレジットカードを目の前で裁断する所から債務整理は始まります

借入額220万円