思いきってプロに相談したら良い結果になりました

2019.03.22 更新

30代自営業

月収
借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
11年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

自営業としてスタートするもつまずいてしまいました。

以前からコンビニ店経営に興味を持っていました。とはいえ、資金もないため、一般企業に就職をして、開業資金を貯めていました。30歳を過ぎてからになりますが、念願のコンビニ店を持つことがかない、必死になって店舗運営をしていました。しかしながら、現実の厳しさを味わうことになってしまいました。開店して間もなく、客足が途絶えてしまい、生活苦に陥ることになってしまいました。幸いにも、独身のため、最悪の事態にはなりませんでしたが、アイフルから50万円の借金をすることで、私の借金生活がスタートしました。

アイフルとレイク、ニコスとジャックスから50万円ずつの借入。月々8万円の返済。

アイフルから最初に50万円を借りた時には、すぐに完済するという気構えで返済に臨んでいました。毎月の返済日をカレンダーに記載するなどして、自分なりに対策を講じていました。しかし、アイフルからの勧誘の電話などもあり、枠内での融資を受けるなどしているうちに、借入することに慣れてしまいました。そのうちに、レイクやニコスからも借りるようになり、次第に借金が増えるようになりました。自営業になるため、ボーナスもないため、完済をすることを断念。すっかりと借金生活に足を踏み入れることになってしまいました。

過払い請求で今までの境遇とは決別しました。

コンビニ店経営の方が、ようやく軌道に乗り出したころには、借金生活が定着していましたので、毎月の返済のために仕事をしているような感じになっていました。毎月の返済が8万円にもなっていましたので、場合によっては、資金が用意できなくなることもありました。回収担当者の方からの督促の電話も入ってくることもあり、次第に精神ストレスとなりました。私は、弁護士に相談することで解決したいと思いました。相談にのってくれた弁護士から、過払い金請求ができるといわれ、迷うことなく、指示に従うことにしました。

知識や経験は全く必要なしのため、安心できました。

過払い金請求をしたことで、今までとは全く異なる生活の感覚を取り戻すことができたと思っています。数年前から、盛んにテレビコマーシャルや電車広告などで過払い金請求について、知っていましたが、ここまで簡単にできるとは考えていませんでした。よくよく聞いてみると、自分自身でも過払い金請求はできるようですが、債権者もプロですので、やはり、専門家の力を借りることが得策ではないかと思いました。弁護士には、手にした過払い金の中から一部を報酬として支払うことになりましたが、大満足でした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

クレジットカードの使いすぎで多重債務者に。

借入額350万円

総量規制により自己破産を選びました

借入額360万円

クレジットカードにハサミを入れたことを思い出しました

借入額180万円

生活費や娘の習い事の費用をまかなうために借金

借入額150万円

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

給料日前に飲み会に誘われ軽い気持ちでキャッシング。

借入額120万円