給料体系の変更で多重債務者に

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
8年11ヶ月
毎月の返済額
6万円

会社の給与体系が変更されて給料が激減して借金。

営業職として第一線で働いてたので、勤務時間内だけでなく親睦を深める飲みもありました。順調に実績も上がっていたので、夜中にATM営業時間の兼ね合いで借金をしていた金融会社も、返済しながら生活が出来ていました。しかし、親会社が変更になり、上司も変わって営業スタイルの変更があったと思ったら、何と歩合給に上限が設定されてしまいました。基本給は5万円上がったものの歩合給の上限が15万円に設定されてしまったのです。今までは基本給が少ない分だけ、無制限設定の歩合給で稼いでいたので一気に返済が厳しくなりました。

アットローン、モビットから各90万円の借金。月々6万円の返済。

営業職のうち半数は退社してライバル会社への転職を行なう人が目立ちました。営業成績上位の人ほど歩合給の制限は、住宅ローンを抱えていると死活問題だったからです。親睦を深めて仕事を取る方式では給料が少なくなり出来ないので、転職までの間はひたすら経費節減の営業を行なうことになったのです。同僚に先を越されましたが、何とか半年後に同僚からの誘いで転職出来てからは返済が一気に進みました。営業が一気に抜けたことで元の会社は倒産に至りましたが、巻き込まれずに済んだので転職しておいて良かったと感じたくらいです。

過払い金請求を行い、貯蓄が増えました。

転職後は歩合給が充実していたので、返済額を10万円に随時返済を併用して引き上げて完済出来ました。営業部の同僚から2年ほど経過した時に、過払い金の話を聞いたので司法書士が宣伝している電話で過払い金相談してみることにしました。結果としては80万円程度の過払い金があり、60万円ほどは戻ると言われたのです。宣伝色があったので、勤務先近くの弁護士事務所に依頼して、過払い金返還請求を行ってもらうと、弁護士費用を払った後でも過払い金82万円が手元に戻りました。依頼先により過払い金の回収額が異なることを知りました。

借金生活から貯蓄出来るように生活スタイルが変わりました。

借金をする時には困っているので助かったと思います。金利のことはあまり気にせず、目先の借入に意識が集中してしまうので、後で返済が苦しくなることが最初に想像出来ていないのでしょう。実際に給料が激減した時には、こんなに借りるのではなかったと後悔もしましたが、過払い金の存在を知って、弁護士に依頼して回収してもらったことで貯蓄に回せました。一旦、完済してからの過払い金回収だったので、特に急いで行なう必要がありませんでした。弁護士報酬に回収額によるオプションが付いていたので、頑張って回収してもらえたのだと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

モビットの債務整理体験談

借金に追われていた友人の連帯保証人でいたが、逃げられてしまい、請求が私に来て借金を肩代わりすることになりました

借入額288万円

任意整理で多重債務250万円が50万円に激減しました

借入額250万円

債務整理による個人再生で、多額の借金が返済可能に!

借入額300万円

利息が付かなくなりました。

借入額40万円

過払い金の対象だったのでお金が貰えました

借入額200万円

友達の借金を肩代わりして借金地獄へ。

借入額300万円