生活レベルを落とすキッカケとなりました

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
6年1ヶ月
毎月の返済額
8万円

月平均50時間程度の残業と出張が多かったので、給与額が43万円程度まで上がっていました。出張費の決済や日常的な買い物をクレジットカードにまとめてポイントを稼いでいましたが、リーマンショックを境に残業と出張が原則ゼロとなり給与額が25万円程度まで落ち込みました。生活レベルを一気に下げることが出来ずに毎月の赤字分をリボ払いや借入で隠す状態が続きましたが、2年ほど経過する間に貸金業法が改正されて総量規制がかかるようになり、クレジットカードのリボ払いや消費者金融からの借入は出来なくなり、生活が困窮しました。

オリコ、アコムから各120万円の借金。月々8万円の返済。

毎月8万円の支払いを給与25万円の中から行なうことは難しく、会社に隠れてアルバイトを行い賄う状況が続いていました。会社の賞与が暫く支給されていない状態だったので、転職も考えましたが子供の進学を考えると債務整理に踏み切れずにいました。自転車操業状態が続いたのですが、改正貸金業法に伴う総量規制により借入が困難となったことを契機に、生活レベルを限界まで落として借金を整理しなければならないと考えるようになりました。節約とは名ばかりの生活をしていたことが今では悔やまれます。何とか滞納しないようにすることが精一杯でした。

任意整理で借金が半額に減りました。

金額が大きかったので、司法書士ではなく弁護士へ債務整理を依頼することにしました。債務調査を行った結果として、オリコから70万円、アコムから50万円の過払いが見つかったので、金利引き直し計算の結果としてオリコへ50万円、アコムへ70万円の支払いを行なえば良いことになりました。任意整理を行った結果、将来利息と経過利息の免除を勝ち取れたので、毎月の返済額が8万円から3万円に減りました。普通に生活出来るレベルまで返済額が少なくなったことにより、返済の目処が立ちました。債務整理を依頼すると、必ず債務調査を行ってから手段を検討することになるので、納得した上で手続き出来ました。

生活レベルを落とすキッカケを作れました。

債務整理を行なうことで、家族全員で協力して生活設計を行えるようになりました。家計簿を付けて家族全員に公開することは、弁護士から提案してもらえました。生活レベルが収入に対して高すぎたので、一気に生活レベルを落とすキッカケを作れたわけです。外食による費用だけでも今まで月9万円程度に達していましたが、家族4人の食費を月4万円に改善出来ただけでも5万円浮いた計算になります。全ての支払を現金払いに切り替えて、毎月予算決めすることで無駄遣いが一気に削減出来たことが良かったです。何より家族で過ごす時間が増えて、以前よりも会話が弾むようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

オリコの債務整理体験談

転職を決意するに至りました

借入額200万円

任意整理を行なえば生活再建に近づきます

借入額155万円

夫にばれずに任意整理で借金完済

借入額120万円

身も心も軽くなる瞬間

借入額350万円から金利などを含んで400万円近くになりました

自己破産は家族全員で行なうことに

借入額500万円

ギャンブルがきっかけで預金を使い果たし、借金をしました。

借入額180万円