妹の借金返済を手伝って自分も借金地獄に陥りました

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
350万円
借入期間
2年8か月
毎月の返済額
10万円

妹に泣きつかれて借金返済を手伝い、いつのまにか自分も借金地獄に陥りました。

10歳年下の妹は昔から甘えん坊で、困った時にはいつも頼ってくる癖がありました。これまでもお金がない、ちょっと貸してと言われて甘やかしてしまい、これが間違いのもとでした。結婚を考えている男性と起業したが上手くいかず、借金をして追い詰められていると涙ながらに訴えられて、仕方がなく貯金を下ろして貸しました。普段なら一度で終わるのですが、今回は二度、三度と続いて、いつの間にか自分自身の貯金がなくなって、それでも返さないと殺されると物騒なことを言われて、キャッシングでお金を使って貸してしまい、地獄に足を踏み入れました。

三井住友300万円、セゾンカード50万円、月々10万円の返済

妹に泣きつかれてお金を貸して、最終的には貯金がなくなり何故か借金をしてまでお金を作って貸してしまいました。その後に妹は自己破産をしたと母親から聞かされて、男に騙されて貢いだことを知らされました。貸してしまったものはどうにもならず、自分自身で作った借金の返済に取り掛かることにしました。収入は同年代よりも上で、手に職を持っているので副業をはじめて収入を増やすようにしていきました。ただ借りた額が大きく、返済額も少なくはないので、生活はきつく気が休まることがありませんでした。

個人再生で借金の総額が大きく減りました

順調に返済していましたが、ストレスからか体調を崩して長期入院して、その間に借金の滞納をしてしまいました。退院後は医療費の支払いでさらに借金を重ねることになり、仕事には復帰できましたがこのままでは破産すると思い弁護士に債務整理をお願いしました。リスクはありますが、個人再生をお願いしたところ無事に申請が通って、借金の総額が大きく減ってくれたのは本当に助かりました。そして健康であることが大切と思い、返済額を月に10万から8万円に減らして、しっかり食べて体調管理を徹底するようにしました。

健康や生活を大事にすることができるようになりました

これまで借金返済のために食費をはじめ、生活の全般を徹底して削っていき、節約に努めました。しかしそのせいで体調を崩して長期入院となり、返済に滞りがでてしまいました。債務整理を行って借金の総額が減ったことで、健康や生活の潤いを考えるようになり、健全な暮らしを心掛けるようになりました。そうしたところ以前に感じていたうつ症状のようなものが減って、花が綺麗といったささやかな幸せを感じるようになりました。借金が減ったこともそうですが、気持ちに余裕を持てるようになってホッとしました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

任意整理後でも教育ローンや奨学金の利用の審査は通る?

目次任意整理で信用情報機関に登録されると、国や民間の教育ロ…

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

三井住友銀行の債務整理体験談

起業した際に発生した借金を債務整理

借入額3500万円

債務整理を行ったおかげで催促も無くなり、最終的には借金問題が解決出来ました

借入額120万円

インターネットショッピングにはまり、クレジットカードで多重債務者に。

借入額200万円

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円

脱サラした喫茶店に失敗して借金を背負いました

借入額230万円

借金してまで株式投資をするのは間違い

借入額400万円